K-W Blog

経済からガジェットまで雑多に取り扱う個人ブログ

iPhoneでメモの新機能が使えない場合の対処法【iOS】

 

iOS搭載端末(iPhone/iPad等)でメモの新機能が追加されたということで試してみようと思ったら、通常であればキーボードの上あたりに表示されているはずのマークアップや書類スキャン等のアイコンがあるメニュー部分が表示されていませんでした。

iOS メモ メニューの表示がない

メニューが折りたたまれているだけなら、キーボードの上に「+」アイコンが表示されていますがそれすらありません。

iOS メモ メニュー折りたたみ

この記事では、上の画像のようにiPhone及びiPad等のiOS搭載端末でメモアプリを使用したときに、キーボード上のメニューが表示されず機能が使えない場合の対処方法を紹介していきます。

メモの機能が使えない場合の対処法

メモの保存場所のフォルダを確認する

メモの保存場所がどこになっているか確認します。

iOS メモ 保存場所の確認

保存場所が、iPhone・iPad・iCloud等以外になっている場合は使用している端末やiCloudに保存場所を変更して下さい。Gmail等が保存場所に選択されている場合はiOSのメモ機能を使うことはできません。僕の場合はこれが原因でした。

もし、保存先をiPhone・iPad・iCloud等に変更してもメモの機能(新機能)が使えない場合はiOSが最新のバージョンになっているか確認し、最新の状態になっている場合は端末を再起動してみて下さい。

メモの保存場所にiPhoneを追加する

メモの保存場所を確認した結果、Gmail等のAppleに関連しない保存場所しかない場合は、iPhone・iPad・iCloud等を保存先に追加することによってメモの機能が使えるようになります。

では、保存先にiPhoneを追加する方法を説明していきます。
[設定] > [メモ] を開き、”iPhone”アカウントを保存場所に追加します。

iOS メモ 保存場所の追加

これで、メモの保存場所にiPhoneが追加されているはずです。メモアプリを開いて確認してみて下さい。

メモの保存場所にiCloudを追加する

次はiCloudをメモの保存場所に追加する方法です。
設定から、一番上にある「Apple ID、iCloud、iTunes StoreとApp Store」をタップして下さい。

iPhone 設定 iCloud

「Apple ID」の画面を開いたら、「iCloud」をタップし、メモの設定をオンに変更します。

iCloud メモ 同期

これで、メモの保存先としてiCloudが追加されているはずなのでお確かめください。

まとめ

  • メモの機能(新機能)は、保存先がGmailだと使えない。
  • iPhoneとiCloudの保存先を追加する場所は別々にある。

 - Apple ,