K-W Blog

経済からガジェットまで雑多に取り扱う個人ブログ

iPhoneのSafariで閲覧中のWEBページをPDFで保存する方法

 

iPhone iOS PDF
iOS11から、Safariで閲覧中のWEBページをPDFで保存する機能が追加されました。開いているWEBページすべてをPDFに保存できるので、スクロールして何度もスクリーンショットを撮る必要もなくなり、ネットの接続できないオフライン環境でも、PDFで保存したWEBページを閲覧することができます。

この記事では、iOS11以降を搭載した端末(iPhone/iPad)のSafariで閲覧しているWEBページをPDFで保存する方法を紹介していきます。

WEBページをPDFで保存する方法

「PDFを作成」を選択する

PDFで保存したいWEBページを開き、画面下部にある共有ボタンをタップします。次に、項目をスワイプして「PDFを作成」をタップします。
iPhone iOS PDF

マークアップ機能で書き込む

画面右上のマークアップアイコンをタップすると、PDFにマーカーで線を引くなどの書き込みができます。
iPhone iOS PDF▲ 画面下部のアイコン左から順に、ペン、マーカー、鉛筆、消しゴム、点線、色の選択となっており、一番右の「+」アイコンからテキストや図形の挿入ができます(画像:右)。

テキストを挿入する

右側の「+」アイコンをタップしてテキストを選択します。
iPhone iOS PDF▲ 画面下部メニューの左のアイコンが色の選択、右のアイコンがフォント、サイズ、文字位置の選択となります(画像:右)。

図形や矢印を挿入・拡大鏡を使う

右側の「+」アイコンから図形や矢印を挿入したり、拡大鏡で画像の一部を拡大することもできます。
iPhone iOS PDF▲ 図形や矢印の挿入(画像:左)。 拡大鏡でPDFを拡大(画像:右)。

完了をタップしてPDFを保存する

編集が終わりましたら、画面左上の完了をタップしてPDFを保存します。
iPhone iOS PDF

iPhone内に保存する以外にも、iCloudやDropbox等にもPDFを保存することが可能です。

PDFを閲覧する

保存したPDFは、iOS11から搭載されている「ファイル」アプリなどから見ることができます。
iPhone iOS PDF▲ ファイルアプリからPDFを閲覧。最近使った項目に表示されている。

PDFを開き、共有ボタンからメールに添付したりiBooksで開いたりなどすることができます。iBooksで開いた後、iBooksにコピーをすればPDFをiBooksに登録しておくことも可能ですのでお試しください。

 - Apple ,