スマホ決済

キャッシュレス還元で得する!4つのスマホ決済組み合わせ

2019年10月1日から2020年6月末まで、消費税の増税に合わせ、キャッシュレス・消費者還元事業が始まりました。この事業に加盟している店舗で、キャッシュレス決済を用いて買い物をすると、中小・小規模事業者で5%中小・小規模事業者が経営するフランチャイズチェーン等で2%ポイントが還元されます。

さすがにこのポイント還元率だと現金支払いのみ、というのはもったいないです。現金支払が多かったぼくも、最近ではキャッシュレスで決済することが増えました。

ただ、キャッシュレス初心者だと、スマホ決済やクレジットカード・交通系ICカードと種類が多すぎてどれを使っていいのか悩みますよね。結局、面倒になり「現金支払でいいや」となる方も多く見かけます。

というわけで、この記事ではキャッシュレス決済が初めてだったり慣れていない方向けに、これを使っておけばどこへ行っても大丈夫だと思う、使いやすいおすすめのスマホ決済とクレジットカードの組み合わせを4つ紹介していきます。

PayPay + Yahoo!カード

ペイペイとヤフーカード

 キャンペーンが豊富
 使える店舗が多い
 ソフトバンク&ワイモバイルユーザーなら更にお得

「PayPay」は、PayPay残高かYahoo!カードでの支払いのみが1.5%ポイント還元の対象となり、他の支払いやYahoo!カード以外のクレジットカードで支払いをすると、ポイント還元の対象外となってしまいます。

なのでクレジットカードとのポイント二重取りを考えてる場合は、「PayPay」と「Yahoo!カード」の組み合わせが最も相性がいいです。

ソフトバンクやワイモバイルユーザーであれば、Yahoo!プレミアム月額462円が無料になりますし、「PayPay」と連携することも可能です。

Yahoo!プレミアムの会員だと、ワクワクペイペイキャンペーンで通常10%のところ20%のポイント還元率となり、「PayPay」をさらにお得に使うことができます。

キャンペーンも豊富で、個人店(5%還元店)では11月30日までのキャンペーン期間は10%の還元となり、他スマホ決済と比較しても最高水準の還元率です。

PayPayのポイント還元率

通常時

中小・小規模事業者コンビニ・チェーンFC店大手スーパー・百貨店
6.5%3.5%1.5%

まちかどペイペイ開催時

中小・小規模事業者コンビニ・チェーンFC店大手スーパー・百貨店
10%3.5%1.5%

※ 期間: 2019/10/1(火) 0:00 ~ 2019/11/30(土) 23:59
※ 上記の数字は、PayPayのポイント還元率にキャッシュレス・消費者還元事業のポイント還元率を足した数字となります。クレジットカード分のポイントは加算していません。

PayPayをダウンロード

Yahoo!カードのポイント還元率

通常Yahoo!ショッピングLOHACO
1%3%3%

※ Yahoo!カードのみで支払いをした場合は、この還元率にプラスしてキャッシュレス・消費者還元事業分のポイントが還元されます。

年会費永年無料。
Yahoo!ショッピングの買い物で常時3%、5のつく日は4%アップで合計7%のポイント還元率となります。

楽天ペイ + 楽天カード

楽天ペイと楽天カード

 楽天ペイ5%+楽天カード1%の合計6%
 中小以外でもポイントの還元率が高い
 期間限定ポイントも支払いに使える

「楽天ペイ」は、中小・小規模事業者以外の店舗でもすべて5%の還元となり、個人店よりもコンビニやチェーン店、大手スーパーでの支払いが多い方におすすめです。「楽天ペイ」が使える店なら、すべてが同じ還元率となりますので、わざわざ店ごとに還元率や対応状況を調べる必要がないのもメリットです。

5%の還元に加えて、「楽天カード」での支払いだとさらに1%の還元がつき6%の還元率となります。銀行からのチャージだと、この1%の還元はつきませんので、「楽天ペイ」をお得に使うのであれば「楽天カード」で支払いをした方がいいです。

コンビニでキャッシュレスを用いて支払いをするとその場で会計から2%値引きされますが、さらに値引き後の額から「楽天ペイ」で5%還元され実質7%に、「楽天カード」も併用すると8%の還元となります。コンビニで使うなら楽天ペイ一択ですね。

2020年春から、「楽天ペイ」でSuicaとの連携・支払いも可能になるので決済方法も手軽になります。Android版のみの対応となり、iOS版は順次対応となるようです。

還元を受けるには、キャンペーンへのエントリーが必要となりますのでお気をつけください。

楽天ペイのポイント還元率

中小・小規模事業者コンビニ・チェーンFC店大手スーパー・百貨店
5%5%5%

※ 期間:2019/10/1(火) 0:00 ~ 2019/12/2(月) 9:59
※ 上記の数字は、楽天ペイのポイント還元率にキャッシュレス・消費者還元事業のポイント還元率を足した数字となります。クレジットカード分のポイントは加算していません。

楽天ペイをダウンロード

楽天カードのポイント還元率

通常楽天市場優待店舗
1%3%2%~

※ 楽天カードのみで支払いをした場合は、この還元率にプラスしてキャッシュレス・消費者還元事業分のポイントが還元されます。

年会費永年無料。
新規入会&利用で5,000ポイントプレゼント!さらに楽天モバイルや楽天銀行といった他の楽天のサービスとの併用で、楽天市場で買い物をした場合のポイントが最大16倍となり断然オトクです。

公式サイト:楽天カード公式サイト

Apple Pay/Google Pay + JCB CARD W

 支払いや設定が簡単
 JCB CARD W新規入会で最大14,000円キャッシュバック
 Apple Pay/Google Pay利用で10,000円キャッシュバック

Apple PayやGoogle Payに対応しているクレジットカードを登録するだけで、「QUICKPay」もしくは「iD」が付与され、交通系ICカードのようにスマホをタッチするだけで支払いができます。

楽天カードやヤフーカードのようなポイント還元率の高いカードを登録するだけでもいいのですが、「JCB CARD W」はその2つのカードに劣らない高還元率に加え、Apple PayとGoogle Pay利用の20%(最大10,000円)キャッシュバックキャンペーンを現在開催しています。

なお、Apple PayおよびGoogle Pay利用の20%(最大10,000円)キャッシュバックキャンペーンは2019年12月15日まで、JCB CARD W新規入会で最大14,000円キャッシュバックは2020年3月31日までとなっていますので、お早めの申込みをおすすめします。

Apple PayやGoogle Payに「JCB CARD W」を登録すると、「QUICPay」が付与されます。店頭で使う場合は「支払いはQUICPayで」と伝えましょう。

Apple Pay/Google Pay(QUICPay)の還元率

中小・小規模事業者コンビニ・チェーンFC店大手スーパー・百貨店
5%2%0%

※ 上記の数字は、Apple Pay/Google Pay(QUICPay)のポイント還元率にキャッシュレス・消費者還元事業のポイント還元率を足した数字となります。クレジットカード分のポイントは加算していません。

JCB CARD Wのポイント還元率

通常Amazon/セブンイレブンスターバックス
1%2%10%

※ JCB CARD Wのみで支払いをした場合は、この還元率にプラスしてキャッシュレス・消費者還元事業分のポイントが還元されます。

年会費永年無料。
「JCB CARD W」の申込資格は18歳以上39歳以下となっています。また、女性の場合は女性限定特典のついた「JCB CARD W plus L」もありますので、そちらがおすすめです。

公式サイト:JCB CARD W

JCBオリジナルシリーズ

モバイルSuica + ビッグカメラSuica

モバイルSUICAとビッグカメラSuica

 タッチのみで支払いが簡単
 支払いから定期券まで使い勝手の良さ
 電車利用でも2%還元

還元率は高くありませんが、バーコードやQRコード決済に慣れていない方や、スマホ決済は面倒だけどポイント還元は欲しい、という方におすすめです。

2019年10月1日から、JR東日本の在来線に乗車でも、カード型Suicaで0.5%、モバイルSuicaで2%のJREポイントが還元されるようになります。カード型のSuicaを使用している方は、この機会にモバイルSuicaに乗り換えてみてはどうでしょうか。

また、SuicaへのチャージをJR東日本が発行しているビューカードで行うと、1.5%のポイントが還元されます。ビューカードの中でも、ビッグカメラでの買い物でも10%ポイントが還元されるビッグカメラSuicaが特におすすめです。

Suicaでの支払いで還元を受けるには、JREポイントサイトへの登録が必要となりますのでお気をつけください。

モバイルSuicaのポイント還元率

中小・小規模事業者コンビニ・チェーンFC店大手スーパー・百貨店
5%2%0%

※ 上記の数字は、モバイルSuicaのポイント還元率にキャッシュレス・消費者還元事業のポイント還元率を足した数字となります。クレジットカード分のポイントは加算していません。

Suicaアプリをダウンロード

ビッグカメラSuicaのポイント還元率

通常Suicaチャージビッグカメラ
1%1.5%10%

※ ビッグカメラSuicaのみで支払いをした場合は、この還元率にプラスしてキャッシュレス・消費者還元事業分のポイントが還元されます。

4つのスマホ決済の還元率を比較

 中小・小規模事業者コンビニ・チェーン店大手スーパー・百貨店
PayPay6.5% (10%)3.5%1.5%
楽天ペイ5%5%5%
QUICPay5%2%  0%
モバイルSuica5%2%0%

上記のスマホ決済の還元率に加えて、各クレジットカードのポイント(Yahoo!カード、楽天カード、JCB CARD Wは1%、ビッグカメラSuicaは1.5%)が加算されます。

まとめ

ぼく自身、中小・小規模事業者の店舗やキャンペーン中はPayPay、コンビニやその他の店舗は楽天ペイと使い分けており、店員がバーコード・QRコード決済に慣れていなくて時間がかかりそうな時にApple Pay(QUICKPay)やSuicaと使い分けています。PayPayや楽天ペイが使えるお店ならSuicaやQUICKPayも大体使えますし。

どれか一つというよりは、複数を使い分けるのがおすすめですが、登録やクレジットカードの申し込みも手間がかかりますし、既に持っているクレジットカードやよくいくお店の還元率で決める感じでよさそうです。

強いて言うならば、既に持っているクレジットカードやお手持ちのスマホのキャリアで決めたり、バーコード・QR決済に抵抗がなければ「PayPay」「楽天ペイ」、バーコード・QR決済が面倒であれば「Apple Pay/Google Pay」「モバイルSuica」でよさそうかなと。