Apple

iOSの自動アップデートをオフ・無効に設定する方法

iOS12からiOSの自動アップデート機能が追加されましたが、新しいバージョンの配信後すぐにアップデートをすると不具合があった場合や、アプリがまだ対応していなかった場合にダウングレードするなどの手間がかかってしまい面倒です。

この記事では、iPhoneおよびiPad等のiOS端末で、iOSの自動アップデートをオフ・無効に設定する方法を紹介しています。

iOSの自動アップデートをオフに設定する方法

1.[設定]から[一般]を開く

iPhoneおよびiPad等のiOS端末から設定画面を開き、一般の項目をタップします。

iPhone-設定-一般

2.[ソフトウェア・アップデート]を開く

[一般]から[ソフトウェア・アップデート]をタップして開きます。

iOS ソフトウェア・アップデート

3.自動アップデートのオン/オフを確認する

[ソフトウェア・アップデート]の項目を開いたら、[自動アップデート]がオンになっているかを確認します。

iOS 自動アップデート

[自動アップデート]がオフになっている場合は、既にオフに設定されていますのでここで終了です。オンになっている場合はそのまま次へ進んでください。

4.自動アップデートをオフに設定する

自動アップデートをスライドしてオフに設定します。

iOSの自動アップデートをオフに設定

これで設定完了です。

自動アップデートをオフにする方法まとめ

[設定] > [一般] > [ソフトウェア・アップデート] > [自動アップデート]

ちなみにiOSの自動アップデートは、夜間であり充電器およびWi-Fiに接続されていない場合は実行されません。オフにしている場合はともかく、オンにしているのに自動アップデートされないという方は確認してみてください。