Apple

iPhoneアプリ自動アップデートのオン/オフを設定する方法

iPhone アプリ 自動アップデート

iPhoneのアプリが自動でアップデートされてしまう。
常に最新バージョンのアプリが使えて便利な反面、アプリの最新バージョンに不具合があったとしても勝手にアップデートされてしまうので対策することができません。その他にも、自動アップデートをオンにしていると、バッテリーの減りが早くなったり、勝手にデータ通信をしてしまうことによって通信制限がかかってしまったりする等のデメリットもあります。

iPhone(iPad)アプリの最新バージョンが公開された時に、自動でアップデートする機能の設定のオン/オフを切り替えて手動で設定したい。勝手にアップデートされたくない。そんな方のために、この記事ではiPhone(iPad)アプリの自動アップデートのオン/オフを切り替える方法を解説していきます。

iPhoneアプリ、自動アップデートのオン/オフ設定方法

1. 設定からiTunes StoreとApp Storeを開く

[設定] > [iTunes StoreとApp Store] を開きます。
iPhone アプリ 自動アップデート

2. アップデートのオン/オフを切り替える

[アップデート] が、アプリの自動アップデート機能の項目になりますので、ここをスワイプしてオン/オフを切り替えます。
iPhone アプリ 自動アップデート

上の画像の状態だと自動アップデート機能がオフになっています。
ミュージック、App、ブックとオーディオブックの項目については、iPhoneやiPadを複数持っている場合の設定です。ダウンロードしたミュージックやアプリ等が、同じApple IDを使用している他の端末にも自動でダウンロードされます。他の端末と同期したくない場合はこちらもオフにしておきましょう。

モバイルデータ通信をオフにする

自動アップデートを使用する場合でも「モバイルデータ通信」はオフにしておいたほうがいいです。「モバイルデータ通信」をオフにしておけば、Wi-Fiが使える場所でのみ自動アップデートが開始され、キャリアのモバイルデータ通信が使われず、通信制限対策にもなります。

先程の [iTunes StoreとApp Store] の中にある [アップデート] 項目のすぐ下に[モバイルデータ通信]の項目がありますのでこちらもオフにしておきましょう。
iPhone アプリ 自動アップデート

[モバイルデータ通信]の項目をスワイプでオン/オフを切り替えることができます。どうしてもWi-Fiが使えない場合以外は基本的にオフで問題ないかと思います。