Apple

iPhoneの緊急SOSの使い方と設定方法【iOS11】

iPhone 緊急SOS 起動方法

iOS11から新たに「緊急SOS」機能が追加されました。この機能を使えば、ケガや病気、事故等の緊急時に素早く警察や消防、海上保安庁等に緊急電話をかけることができ、さらに位置情報を伝えることもできます。すでにこの機能のお陰で九死に一生を得た人物もおり、使い方を覚えておけば自分の身を守ることにも繋がります。使い方を知らない、わからないという方は是非覚えましょう!

緊急SOSの起動方法

iPhone 緊急SOS 起動方法
iOS11をインストールした時点で、緊急SOSはデフォルトで設定オンになっています。では、iPhone各モデルでの緊急SOSの起動方法の説明に移ります。

iPhone 7/7 Plus以前のモデル

スリープ/スリープ解除ボタン(サイドボタン)を素早く5回クリックし、その後ロック画面に表示された「緊急SOS」をスライドします。

iPhone X、iPhone 8/8 Plus

サイドボタンといずれかの音量調節ボタン(+-どちらでも)を、「緊急 SOS」スライダが表示されるまで押し続けます。 その後ロック画面に表示された「緊急SOS」をスライドします。

設定でサイドボタン5回クリックに変更することも可能です。

各iPhone共通部分

「緊急SOS」をスライドすると、警察(110)・海上保安庁(118)・火事、救急車、救助(119)のメニューが表示されますので、通報したい項目をタップすることで自動的に電話が発信されます。タップした後は確認ボタンが表示されないので気をつけましょう。

緊急SOSの設定-自動通報をONにする

「自動通報」がオンの場合、緊急電話をかけようとすると、iPhone でカウントダウンが始まり、警告音が鳴ります。カウントダウンが終わると、自動的に緊急通報用電話番号にかかります。

では早速、自動通報をオンにしてみましょう。

1. [設定] > [緊急SOS] を開く
iPhone 緊急SOS

2. 自動通報をオンにする
iPhone 緊急SOS 自動通報ON

3. カウントダウンで音を出すを設定
緊急通報までのカウントダウン時に警告音をだすかどうかを設定できます。音はJアラートと同じサイレンのような音で、大音量です。
iPhone 緊急SOS カウントダウンで音をだす
自動通報をオンにすると、デフォルトではカウントダウンで音をだすもオンになっています。音をだしたくない場合はオフにしておきましょう。



緊急SOSの設定-緊急連絡先を追加する

警察や消防、海上保安庁以外の緊急連絡先、例えば配偶者や親や兄弟等を緊急連絡先に追加することができます。
設定はヘルスケアアプリのメディカルIDからできます。緊急SOSの項目からメディカルIDを開くこともできますので早速やってみましょう。

ホーム画面からヘルスケアアプリを開く、もしくは [設定] > [緊急SOS] > [“ヘルスケア”で緊急連絡先を設定] を開きます。
iPhone 緊急SOS 緊急連絡先を設定

ヘルスケアアプリを開いたときに、メディカルIDが設定されていない場合は設定して下さい。メディカルIDの設定・編集画面の下の方に「緊急連絡先の追加」という項目がありますので、そこから電話帳に登録されている連絡先を緊急連絡先として設定することができます。

iPhone 緊急SOS 緊急連絡先を設定

メディカルIDの詳しい設定方法は別の記事でも解説していますので是非ご覧ください。

iPhoneにメディカルIDを設定して医療情報を登録する方法iPhoneのヘルスケアアプリでメディカルIDを設定することにより、自分の医療情報をiPhoneに登録することができます。メディカルIDを設定しておけば万が一事故にあったときに、応急手当をしてくれる人がiPhoneのパスコードを入力せずともあなたの医療情報を確認し、適切な処置をすることが可能となります。...

一言:自動通報ONにして確認のため緊急SOSを試してみたら、サイレンがすごく大きい音で鳴り響いて心臓に悪いです。すぐに停止したけど本当に通報しちゃってないかちょっと心配。