Apple

iPhoneのバッテリーの状態や劣化具合を確認する方法

iPhoneのバッテリーの劣化や状態を確認する方法

バッテリー性能の低下したiPhoneのパフォーマンスを抑制していたことが明らかになり、訴訟騒ぎまで起きたiPhoneですが、iOS11.3からバッテリーの状態を確認できるようになりました。この機能は、バッテリーの経年劣化による現在の性能をiPhone内で確認できる機能となります。

この記事では「iPhoneのバッテリーの状態や劣化具合を確認する方法」を紹介していきます。所有しているiPhone等のiOS端末のバッテリーの劣化具合を知りたい場合等の参考にどうぞ。

※ この機能はiOS11.3以降のバージョンかつ、iPhone6以降の端末で利用できます。

iPhoneでバッテリーの劣化や状態を確認する方法

1.バッテリーの画面を開く

[設定] > [バッテリー] をタップします。

iPhone-設定-バッテリー

2.バッテリーの状態を開く

[バッテリー] > [バッテリーの状態(ベータ)]
※ iOS11.3以前のバージョンだと表示されません。

iPhone-バッテリー-バッテリーの状態

3.バッテリーの状態を確認する【完了】

この画面で、現在のバッテリーの状態がどうなっているかを確認することができます。

iPhone バッテリーの状態を確認する

最大容量が100パーセントの場合が新品と同等の性能だとして、100パーセントを切るとバッテリーの劣化がはじまっています。

まとめ

既に2年間使用しているiPhone 7 Plusでバッテリーを見てみたところ、最大容量は100パーセントのままでした。

使い方や充電の方法でバッテリーの劣化具合はだいぶ変わってくるかとは思いますが、100パーセントを切っているようならそろそろ買い替えを検討してみてはいかがでしょうか。