Android

AndroidのChromeで通信量を節約するライトモードにする方法

Android端末のChromeで、最大60%の通信量を節約する「ライトモード」にする方法をこの記事では紹介しています。

以下、GoogleChromeヘルプからの引用です。

ライトモードの仕組み

ライトモードを使用すると、 ウェブトラフィックの一部がGoogleサーバーを経由してデバイスにダウンロードされるようになります。ページの読み込み速度が遅い場合は、Googleのサーバーでページが軽量化され、デバイスにダウンロードされるデータ量が削減されます。ほとんどの場合、ページの見た目と動作は変わりません。

ページの見た目はほとんど変わらず、通信量が減るのでブラウジングが快適になり、通信制限対策にもなります。というわけで、早速設定していきましょう。

【Android】Chromeでライトモードに設定する方法

説明で使用している端末はGoogle Pixel 3aで、Androidのバージョンは10です。

Chromeアプリを開く

Android端末でChromeアプリを開きます。

AndroidでChromeアプリを開く

「︙」をタップしてメニューを開く

」マークをタップしてメニューを表示させます。

Chromeメニューを表示させる

「設定」を開く

メニューから「設定」をタップして開きます。

Chromeの設定を開く

詳細設定から「ライトモード」を開く

Chromeの設定画面にある、詳細設定から「ライトモード」をタップして開きます。

設定からライトモードを開く

「ライトモード」をオンにする

「ライトモード」がオフになっている場合は、タップしてオンに設定します。

ライトモードを有効にする

ライトモードを設定したばかりの場合は、データ削減量は表示されず「データ節約量がここに表示されます」と中央に大きく表示されているかと思います。

まとめ

  1. Chromeアプリを開く
  2. 「︙」をタップしてメニューを開く
  3. 「設定」を開く
  4. 詳細設定から「ライトモード」を開く
  5. 「ライトモード」をオンにする

以前までは、PC版のChromeブラウザでも「データセーバー」という拡張機能で同じことが可能でしたが、現在はAndroid版でのみ対応となっています。Wi-Fi環境以外での使用が多く、データ通信量が気になる場合にぜひお試しください。