Android

Google Chromeのキャッシュ・cookieを削除する方法

Google Chromeのキャッシュを削除する方法

ブラウザの動作が遅くなった場合や、ストレージの容量を減らしたい場合等の対策として、Google Chromeのキャッシュ・cookieを削除する方法を紹介しています。

キャッシュとは、訪問したWebサイトの画像等の一時ファイルのことで、cookieとは、ログインIDやパスワード、訪問回数といったユーザー情報のことです。

Android版とPC版の両方で説明していきますので、参考にしてみてください。

Android版Chromeのキャッシュを削除する

Android版のChromeの画面を用いて説明をしていますが、iPhone版でもやり方は殆ど同じですので、iPhoneユーザーの方も参考にどうぞ。

  1. 「︙」をタップする
  2. 履歴をタップする
  3. 閲覧履歴データを削除をタップする
  4. データを削除をタップする
  5. 削除をタップする

以下、画像付きで説明していきます。

「︙」をタップする

Google ChromeでWebサイトを開き、その他アイコンをタップします。

Chromeのその他アイコンをタップする

履歴をタップする

表示されたメニューから履歴をタップします。

Chromeの履歴を表示する

閲覧履歴データを削除をタップする

履歴から閲覧履歴データを削除をタップします。

Chromeの閲覧履歴データを削除をタップする

データを削除をタップする

「閲覧履歴」「Cookieとサイトデータ」「キャッシュされた画像とファイル」の中から削除したい項目にチェックを入れてデータを削除をタップしてください。

Chromeで閲覧履歴やキャッシュを削除する

削除をタップする

「サイトのストレージ データを削除しますか?」と表示されたら、削除する項目にチェックを入れて削除をタップしてください。

サイトのストレージデータを削除する

これでAndroid版Chromeで、キャッシュやCookieの削除ができました。

PCブラウザ版Chromeのキャッシュを削除する

  1. 「︙」をクリックする
  2. 履歴をクリックする
  3. 閲覧履歴データの削除をクリックする
  4. データを削除をクリックする

以下、画像付きで説明していきます。

「︙」をクリックする

ブラウザから、その他アイコンをクリックします。

PC版Chromeのその他アイコンをクリックする

履歴をクリックする

表示されたメニューから履歴をクリックします。

PC版Chromeの履歴をクリックする

閲覧履歴データの削除をクリックする

履歴から閲覧履歴データの削除をクリックします。

PC版Chromeの閲覧履歴データの削除をクリックする

データを削除する

消したい項目にチェックを入れてデータを削除をクリックします。

PC版Chromeの履歴やキャッシュを削除する

これでPC版Google Chromeのキャッシュやcookieを削除することができました。

まとめ

ブラウザの挙動がおかしくなってしまった時は、キャッシュとcookieの削除をしてみてください。

cookieを削除した場合には、Webサイトへのログイン状態等もログアウトされてしまいますので、パスワード等はきちんと管理しておきましょう。