Apple

iPhone/iPadのパスコードを4桁に戻す、6桁に変更する方法

iOS9からパスコードを4桁から6桁に設定できるようになりました。

4桁のパスコードは覚えやすい反面、セキュリティ的には破られやすいといったデメリットもあります。

逆に、4桁のパスコードに慣れていると6桁にした時に忘れてしまいiPhone/iPadがロックされてしまうなんてことも。

この記事ではそんな場合の対策も兼ねて、iPhone/iPadのパスコードを4桁に戻す方法や6桁に変更する方法を紹介しています。

パスコードを4桁と6桁で切り替える方法

Touch ID(Face ID)とパスコートをタップする

iPhone/iPadの設定からTouch ID(Face ID)とパスコートをタップします。

Touch IDとパスコード_1

パスコードを変更をタップする

パスコードを変更をタップしてください。

この時、以前に設定したパスコードを入力する必要があります。

パスコードを変更

パスコードオプションをタップする

パスコード入力の下にあるパスコードオプションをタップしてください。

パスコードオプション

4桁/6桁の数字コードをタップする

4桁/6桁の数字コードをタップしてください。

旧パスコードが4桁の場合は「6桁の数字コード」が、旧パスコードが6桁の場合は「4桁の数字コード」が表示されます。

6桁の数字コード

新しいパスコードを入力することにより、設定が完了します。

まとめ

カスタムの数字コード/カスタムの英数字コードを選択することにより、さらにセキュリティを強化することができます。

カスタムの数字コードでは4桁や6桁以上の数字を設定でき、カスタムの英数字コードはアルファベットも含めた任意のパスコードを設定することが可能となります。