Apple

iPhone/iPadでメモとGmailを同期させる方法

iPhoneとGmailを同期する方法

iPhone/iPadのメモアプリとGmailは同期することができます。

同期することにより、iPhoneのメモに入力したものが、Gmail内ではNotesというラベルが貼られて反映されるようになります。

Gmailを頻繁に使用する方であれば、連携することによりメモのバックアップやPCとのやり取りもしやすくなりとても便利です。

この記事では、iPhone/iPadのメモアプリとGmailを同期させる方法を解説していきます。

メモとGmailを同期させる方法

  1. “設定”から”メモ”をタップする
  2. ”アカウント”をタップする
  3. “Gmail”をタップする
  4. “メモ”をオンに変更する

“設定”からメモをタップする

設定からメモをタップします。

設定からメモをタップする

※ 以前までは「アカウントとパスワード」の項目から設定する必要がありましたが、最新のOSでは「メモ」から設定できるようになりました。

“アカウント”をタップする

アカウントをタップして開きます。

アカウントをタップする

Gmailをタップする

アカウント設定内からGmailをタップします。

Gmailをタップする

もし「Gmail」の項目がない場合は、アカウントを追加をタップしてGmailを追加して下さい。

iPhoneのアカウントとパスワード アカウントを追加する

メモをオンに変更する

Gmailをタップした後の画面でメモの項目がオフになっている場合、タップしてオンに設定を変更して下さい。

iPhoneのGmailとメモを連携する

これで設定完了です。

まとめ

メモとGmailを連携した後、Gmailにメモを保存しようとすると、iOSで使えるメモの機能の一部が使えなくなったりします。

詳しくは別の記事で解説していますので、気になる方はお読み下さい。