Apple

iPhoneのデフォルトメールアプリをGmailに変更する方法

従来、URLリンク等のメールアドレスを踏んだ際には、SafariおよびApple純正メールアプリが起動するようになっていました。

iOS14から、デフォルトのメールアプリを「Gmail」や「Microsoft Outlook」などの別のメールアプリに変更できるようになりました。

この記事では、iPhoneのデフォルトメールアプリを「Gmail」に変更する方法について説明しています。

デフォルトメールアプリを設定する

  1. “設定”から”Gmail”をタップ
  2. “デフォルトのメールApp”をタップ
  3. “Gmail”を選択する

さらに詳しく、画像つきで説明していきます。

“設定”から”Gmail”をタップ

iPhoneの設定からGmailをタップします。

設定からGmailを選択する

“デフォルトのメールApp”をタップ

デフォルトのメールAppをタップしてください。

デフォルトのメールAppを選択する

“Gmail”を選択する

端末内にインストールされているメールアプリが表示されますので、一覧からGmailを選択してください。

デフォルトのメールAppをGmailに変更

これで設定完了です。

デフォルトメールアプリをGmail以外に変更する場合も、同様に対象のメールアプリの設定から変更可能です。

まとめ

使い慣れているメールアプリがある場合、デフォルトメールアプリの設定も変更しておいた方が、さらに使いやすくなるかと思われます。

なお、Gmail以外もデフォルトメールアプリとして設定することが可能ですが、アプリによってはまだ対応していない場合もあります。