IT・デジタル

Twitterアカウントのログイン/アクセス履歴を確認する方法

不正アクセス、乗っ取り対策として。

この記事では、Twitterアカウントのログイン/アクセス履歴を確認する方法について紹介しています。

アカウントアクセス履歴では、次の項目を確認することが可能です。

  • アクセス端末
  • アクセス日時
  • IPアドレス
  • 位置情報

身に覚えのないツイートをしていた時や、怪しいURLを踏んでしまった時、そのほか気になる時の確認用としてお試しください。

アカウントアクセス履歴を調べる方法

  1. “設定とプライバシー”を開く
  2. “アカウント”を開く
  3. “Twitterデータ”を開く
  4. “アカウント履歴”を開く
  5. “アカウントアクセス履歴”を開く

以下、画像付きでさらに詳細にやり方を説明していきます。

アカウントアクセス履歴を調べるには、PCおよびモバイルブラウザ版Twitterからアクセスする必要があります。

PCおよびモバイルブラウザ版Twitterにログインし、以下の手順に従ってください。

“設定とプライバシー”を開く

PC/モバイルブラウザ版Twitterにログインし、PC版ブラウザの場合は「もっと見る」をクリック、モバイルブラウザ版の場合は「プロフィールアイコン」をタップしてメニューを表示させます。

表示させたメニュー内から設定とプライバシーを選択してください。

Twitterの設定とプライバシーを開く

“アカウント”を開く

Twitterの設定画面からアカウントを開きます。

Twitter設定のアカウントを開く

“Twitterデータ”を開く

アカウントのデータと許可の項目からTwitterデータを開きます。

この時、アプリ版からアクセスしている場合は、ブラウザ版へと移動します。

Twitterデータにアクセスする

“アカウント履歴”を開く

Twitterデータ内からアカウント履歴を開きます。

Twitterのアカウンロ履歴にアクセスする

“アカウントアクセス履歴”を開く

アカウントアクセス履歴を開くと、過去に自分のアカウントにアクセスした「端末・日時・IPアドレス」一覧が表示されます。

この時、再度パスワード入力が必要になる場合があります。

Twitterのアカウントアクセス履歴を調べる

これで完了です。

身に覚えのないアクセスが見つかった場合は、早急にパスワードを変更しておきましょう。

まとめ

不正アクセスが気になる場合は、定期的にパスワードを変更しておくのが無難ですが、こまめに変更するにも手間がかかります。

少なくとも、アクセス履歴に海外からのアクセスが見つかった時にはパスワードを変更しておくのが無難です。

そのほか、身に覚えのないツイートを頻繁に投稿してしまう場合、連携アプリが悪さをしている場合もありますので、そちらも解除しておきましょう。