スペック比較

iPad第7世代から第8世代に買い替えるべき?違い・性能比較

Appleは2020年9月16日(日本時間)に、第8世代にあたる新型iPadを発表し、Apple Storeで同年9月18日に発売します。

前モデルであるiPad(第7世代)が発売したのが2019年9月30日なので、1年未満での新モデル登場となります。

この記事では、旧モデルのiPad(第7世代)から新モデルであるiPad(第8世代)へ買い替えを検討している方向けに、機能の違い・スペック・ベンチマーク性能を比較していきます。

iPad 第8世代と第7世代を比較

iPad 第7世代から第8世代になって、大きく変わった点は「SoCがA10 FusionからA12 Bionicに変更」したという点のみです。

価格も据え置きですし、見た目に関しても前モデルであるiPad(第7世代)のケースをそのまま使用しており、カメラモジュールについてもスペックを見た限り変化はありません。

SoCが変わったことにより、重量が微増したなどの些細な変化はありますが、基本的にはSoCが変わっただけと思って問題ないでしょう。

RAM容量に関してだけ今のところ詳細は不明ですが、第7世代と同じ3GBだと予想されます。(追記:3GBで確定)

変化は殆どないものの、念の為もう少し詳しくiPad 第8世代と第7世代のスペックについて見ていきましょう。

第8世代と第7世代のスペック比較

基本情報
iPad第8世代第7世代
発売価格Wi-Fiモデル
32GB:34,800 円
128GB:44,800 円

Wi-Fi+Cellularモデル
32GB:49,800 円
128GB:59,800 円
Wi-Fiモデル
32GB:34,800 円
128GB:44,800 円

Wi-Fi+Cellularモデル
32GB:49,800 円
128GB:59,800 円
カラーシルバー
ゴールド
スペースグレイ
シルバー
ゴールド
スペースグレイ
発売日2020年9月18日2019年9月30日
本体仕様
ディスプレイRetinaディスプレイ
10.2インチ(対角) LEDバックライトMulti-Touch(IPSテクノロジー搭載)
最大輝度500ニト(標準)
耐指紋性撥油コーティング
Retinaディスプレイ
10.2インチ(対角) LEDバックライトMulti-Touch(IPSテクノロジー搭載)
最大輝度500ニト(標準)
耐指紋性撥油コーティング
画面解像度2,160 x 1,620
4:3(アスペクト比)
2,160 x 1,620
4:3(アスペクト比)
画面密度264ppi264ppi
サイズH250.6mm
W174.1mm
D7.5mm
H250.6mm
W174.1mm
D7.5mm
重量Wi-Fiモデル:490g
Cellularモデル:495g
Wi-Fiモデル:483g
Cellularモデル:493g
Apple Pencil第1世代第1世代
キーボードSmart KeyboardSmart Keyboard
システム仕様
SoCA12 Bionic
Neural Engine
A10 Fusion
RAM3GB3GB
ROM32GB/128GB32GB/128GB
カメラ
背面カメラ8MP広角カメラ
ƒ/2.4絞り値
8MP広角カメラ
ƒ/2.4絞り値
前面カメラFaceTime HDカメラ
1.2MPの写真
FaceTime HDカメラ
1.2MPの写真
ビデオ撮影1080p HDビデオ撮影(30fps)1080p HDビデオ撮影(30fps)
充電・バッテリー
バッテリー32.4Wh32.4Wh
ワイヤレス充電
オーディオ
スピーカー2スピーカーオーディオ2スピーカーオーディオ
イヤホンジャック搭載搭載
機能・センサー
生体認証Touch IDTouch ID
センサー3軸ジャイロ
加速度センサー
環境光センサー
気圧計
3軸ジャイロ
加速度センサー
環境光センサー
気圧計
コネクタLightning
Smart Connector
Lightning
Smart Connector
GPSWi-Fiモデル
非搭載

Wi-Fi+Cellularモデル
搭載
Wi-Fiモデル
非搭載

Wi-Fi+Cellularモデル
搭載
ネットワークと接続性
Wi-FiWi-Fi(802.11a/b/g/n/ac)Wi-Fi(802.11a/b/g/n/ac)
Bluetooth4.24.2
SIMnano-SIM/eSIMnano-SIM/eSIM

違う部分だけ赤文字にしています。

先述した通り、SoC以外は重量が微増した程度で他に変化は見られません。

引き続き、A12 BionicチップとA10 Fuisonチップのベンチマークスコアを比較していきます。

A12 vs A10 ベンチマーク比較

2020年9月に発売したiPad(第8世代)に搭載されている「A12 Bionic」と、前モデルiPad(第7世代)に搭載されている「A10 Fusion」のベンチマーク比較です。

ベンチマークスコア
SoCA12(第8世代)A10(第7世代)
Total401638257075
CPU11195292483
GPU16771776036
MEM5044942372
UX7152046178

iPad(第8世代)に搭載されているA12 Bionicチップは、iPhone XS/XS MAX/XRおよびiPad Air(第3世代)、iPad mini(第5世代)に搭載されているチップと同じもので、AnTuTuの総合スコアは40万前後です。

対して、iPad(第7世代)に搭載されているA10 Fusionチップは、2016年発売のiPhone 7/7 Plusに搭載されているものと同じチップであり、総合スコアは25万前後となります。

40万のスコアはミッドレンジ上位~ハイエンド未満クラスの性能(2020年9月現在)であり、端末価格の安さを考慮するとすごくコスパが良いことがわかります。

通話・音楽・動画・Webサイト閲覧といった通常利用だけなら前モデルのiPad(第7世代)で十分ですが、ゲームのような負荷のかかるアプリを頻繁に利用する場合はiPad(第8世代)の方が確実に動作が良くなります。

まとめ

第7世代の発売からまだ1年しか経っていませんので、買い替えをするには微妙な時期ではありますが、アプリ利用時のカクつきやラグが気になる方は第8世代の購入を検討しても良さそうです。

第7世代のiPadでも、売ればそこそこの値段になりそうですので。

iPad(第8世代)は、2019年3月に発売したiPad Air(第3世代)にサイズや性能が近く、フロントカメラ性能や機能の一部が対応していないといった違いしかありません。

約5~9万円するiPad Air(第3世代)のCPU/GPU性能を落とさず、一部の機能を削いだモデルが3~6万円で購入できると考えるとかなりお得な気がします。