Apple

iPhoneで通信量を節約する省データモードに設定する方法

iOS13から、iPhoneのモバイルデータおよびWi-Fiの通信量を節約することができる「省データモード」機能が実装されました。

この機能をオンに設定しておくことで、バックグラウンドで行われている通信を制限し、”ギガ不足”や、モバイル通信やモバイルWi-Fiの通信制限への対策をすることが可能です。

では、早速設定していきましょう。

モバイル通信を省データモードにする

1.「設定」から「モバイル通信」を開く

iPhoneの設定画面からモバイル通信をタップして開きます。

iPhoneの設定からモバイル通信を開く

2.「通信のオプション」を開く

モバイル通信から通信のオプションをタップして開きます。

通信のオプションを開く

3.モバイル通信の「省データモード」をオンにする

省データモードをタップしてオンに設定を変更します。

モバイル通信の省データモードをオンに設定する

これでモバイル通信に、省データモードが適用されました。

Wi-Fiを省データモードにする

1.「設定」から「Wi-Fi」を開く

iPhoneの設定画面からWi-Fiをタップして開きます。

iPhoneの設定画面からWi-Fiを開く

2.「i」マークをタップする

省データモードに設定したいWi-Fiの右端にあるマークをタップして開きます。

Wi-Fiのiマークをタップする

3.Wi-Fiの省データモードをオンにする

省データモードをタップしてオンに設定を変更します。

Wi-Fiの省データモードをオンにする

これで対象となるWi-Fiに、省データモードが適用されました。

省データモードをオンにした場合の変化対象

省データモードをオンに設定した場合、以下の機能が制限されたり無効になります。

  • App は、積極的に使っているときでなければ、データ通信の使用を控えます。
  • 「App のバックグラウンド更新」はオフになります。
  • コンテンツのストリーミング時の品質が低下する場合があります。
  • 自動ダウンロードと自動バックアップが無効になります。
  • iCloud 写真などのサービスはアップデートを一時停止します。
  • App Store:ビデオの自動再生、自動アップデート、自動ダウンロードが無効になります。
  • ミュージック:自動ダウンロードと高音質ストリーミングが無効になります。
  • Podcast:フィードのアップデートの頻度が制限され、エピソードは Wi-Fi 接続時にのみダウンロードされます。
  • News:記事のプリフェッチが無効になります。
  • iCloud:アップデートが一時停止され、自動バックアップと iCloud 写真のアップデートが無効になります。
  • FaceTime:ビデオのビットレートが低帯域幅に合わせて最適化されます。

まとめ

モバイル通信の通信量が気になる場合や、家では無制限のWi-Fi、外出時はモバイルWi-Fiのように使い分けてる場合は、モバイルWi-Fi側は省データモードをオンに設定しておいてもよさそうかなと。

アプリに関しては、省データモードを使用しなくても、設定の「iTunes StoreとApp Store」から、自動アップデートをオフにしたり、モバイル通信では自動ダウンロードしないように設定することができますのでお試しください。