Apple

iPhoneを手前に傾けてスリープ解除する・オフにする方法

iPhoneで手前に傾けてスリープ解除をオン・オフにする

iPhoneには、スリープ中に手前に傾けると、画面をタッチしなくてもスリープが解除されて画面が点灯する機能がついています。

ちょっとした時に時間や通知を確認するのには大変便利ではありますが、必要ないときにスリープが解除されるとバッテリーを消費する原因にもなってしまいます。

というわけで、この記事では「iPhoneを手前に傾けてスリープ解除をオン/オフにする方法」について解説していきます。

手前に傾けてスリープ解除を設定

  1. 画面表示と明るさをタップする
  2. 手前に傾けてスリープ解除をオン/オフにする

画像付きで、さらに詳しくやり方を説明していきます。

設定から画面表示と明るさをタップする

iPhoneの設定から画面表示と明るさをタップして開いてください。

iPhoneの画面表示と明るさを開く

手前に傾けてスリープ解除をオン/オフにする

画面表示と明るさから手前に傾けてスリープ解除のオン/オフを切り替えます。

手前に傾けてスリープ解除をしたい場合はオンに、したくない場合はオフに変更してください。

手前に傾けてスリープ解除をオン・オフにする

これで、設定は完了です。

まとめ

「手前に傾けてスリープ解除」の設定は、基本的にはオンにしておいた方が時間の確認などもしやすいので便利かと思います。

バッテリー持ちを少しでも良くしたい場合や、スリープが勝手に解除してしまうことによって誤作動が起きるような場合はオフに変更してみてください。