Apple

iPhoneのSuicaが改札で反応しない場合の7つの対処法

iPhone 7/7 Plus以降のiOS端末から、Apple PayでSuicaサービスが交通機関やお店で使用できるようになりました。

Suicaカードを持つ必要がなくなり、支払いがiPhoneに一本化されるので荷物もかさばらず便利な反面、Suicaカードを使用していたときよりも改札にタッチしたときに反応しないことが多く、自分の目の前で改札が閉じてしまい後ろに行列ができて焦るなんてことも。

というわけで、iPhoneのSuicaが駅の改札で反応しなくても焦らないよう、僕が実際に行った対処法を含めて7つを紹介していきます。

1.iOSのアップデートをする

iOSのソフトウェア・アップデートにより、不具合が修正されている可能性あります。

使用している端末のバージョンが、最新のものになっているかか確認しましょう。もし、なっていない場合はアップデートをしておきましょう。

2.Suicaをエクスプレスカードに設定する

Apple Payに最初に追加したSuicaは、自動的にエクスプレスカードとして設定されますが、それ以降別のカードの変えた場合などは自動的には設定されません。間違って登録をなしにしてしまった場合も再登録が必要となります。

Suicaがエクスプレスカードとして設定されていない場合は、改札を出入りする度に iPhone の生体認証(Touch ID / Face ID)か、パスコードを入力する必要があります。

では、まずSuicaがエクスプレスカードに設定されているか確認してみましょう。

1.「設定」から「WalletとApple Pay」を開く

設定 > WalletとApple Pay の順にタップ開きます。

設定からWalletとApple Payを開く

2.エクスプレスカードに設定されているか確認する

WalletとApple Payエクスプレスカードに登録したいSuicaが登録されているか確認しましょう。

エクスプレスカードに設定がない場合
▲ 登録されていない場合「なし」と表示される。

エクスプレスカードの表記が「なし」ではなく、既に登録されている場合は問題ありません。ない場合は、次のエクスプレスカードの設定へそのまま進みます。

3.エクスプレスカードを設定する

エクスプレスカードをタップして進み、そのまま設定を進めてください。

生体認証でエクスプレスカードを設定する
▲ 生体認証(Touch ID/Face ID)でエクスプレスカードを設定。

これでSuicaをエクスプレスカードに設定できました。WalletとApple Payの画面に戻ると、Suicaがエクスプレスカードに設定されているのが確認できます。

Suicaをエクスプレスカードに設定する
▲ Suicaがエクスプレスカードに設定されています。

これで毎回生体認証やパスコード入力しなくても、iPhoneをSuicaカードのようにタッチするだけで使用することが可能となります。

3.iPhoneの先端でタッチする

iPhoneの先端でタッチする

Suicaカードのときのように、iPhone全体でタッチしていませんか?

iPhoneのNFCアンテナは、iPhoneの上部に内蔵されているので、上部を意識してタッチすると反応がよくなります。失敗した場合は、一度自動改札のリーダー部分からiPhoneを離して、1秒ぐらい置いてもう一度やり直すと通る時もありますのでお試し下さい。

4.残高が足りているか確認をする

Apple PayのSuicaの残高を確認

Apple PayのSuicaへのチャージを後回しにしていませんか?

気づかないうちに残高が足りなくなっている可能性も。ぼく自身、電車を頻繁に使うわけではないのでチャージを忘れて残高が支払いギリギリになっていることがよくあります。定期券利用なら期限切れに注意しましょう。

Apple PayのSuicaを頻繁に使うのであればオートチャージ設定がおすすめです。一定額を下回ると自動でチャージをしてくれるので、手動チャージの手間が省け残高の心配もなくなり安心です。

5.Walletアプリを事前に起動しておく

Walletアプリを起動しておく

混んでいるのに、改札でSuicaが起動しなかったらどうしよう……。

そんなときは、改札を通る前にWalletアプリを起動しておき、Touch ID / Face ID もしくはパスコードで支払いを選び事前に準備しておきましょう。ロック画面でも起動するように設定してある場合は、iPhoneのロック画面でホームボタンを2回、ホームボタンがないモデルの場合はサイドボタンを2回押すとWalletアプリが起動します。

以前、iPhoneのSuicaが改札でピクリとも反応しなかったときにこの方法で通りました。以来、混雑していて周りに迷惑をかけたくない時などは事前に起動しています。

6.Walletアプリの認証に失敗していないか確認する

Wallet 指紋認証に失敗

ロック画面でホームボタンを2回クリック(ホームボタンがないモデルはサイドボタンをダブルクリック)した時に、Walletアプリが起動するように設定してある場合、ポケットに入れている間やスマホを取り出した時に指が触れてしまい、誤ってWalletアプリを起動してしまうことがあります。

この時に指紋認証した指と違う指でホームボタンを押していた場合は指紋認証が失敗してしまい、改札を通るときにSuicaが反応しなくなる場合があります。僕が何度か改札を通れなくなったときはこれが原因でした。Face ID搭載のモデルの場合は、Face IDの認証失敗で同様のことが起きるかと思います。

改札を通る前にWalletアプリの認証に失敗している場合は、きちんと認証してから通ってみて下さい。

「ロック画面でWallet/Apple payが起動しないようにする方法」も下記の記事で紹介していますので、気になる方は是非ご覧ください。

7.ヘルプモードにする

Walletアプリをヘルプモードにする

何をやってもダメな場合は、場合により、駅員端末でApple PayのSuicaを処理しなければならないことがあります。駅係員を呼び、ヘルプモードにして駅員端末で読み込んでもらいましょう。

ヘルプモードの起動方法は、Walletアプリを開き、Suicaの情報アイコン (ⓘ のアイコン) をタップしてから、ヘルプモードをオンにします。

上記の方法でも解決しない場合は

現金で支払う

諦めて現金で支払いましょう。

日本はまだまだ現金社会。キャッシュレス化が進んでいる他の国がどうとか関係ない。あきらめて現金で解決しよう。

改札前でどうすればいいか悩むぐらいであれば、切符買っちゃった方が気が楽です。家に帰ってからゆっくり調べましょう。サイフに現金が入ってない場合は、みどりの窓口に行ってクレジットカードで買いましょう。クレジットカードもない場合は、コンビニATMでお金おろしてきましょう。銀行カードもない、ATMにもお金が入ってない場合は、日々の暮らしを見つめ直しましょう。


以上が、iPhoneのSuicaが改札で反応しない場合の7つの対処法です。
他にも何か方法があれば、随時追記していきます。