Apple

「iPhoneを探す」は電源オフ/電池切れの状態でも使えるの?

iPhoneには紛失・盗難時のサポート機能として「iPhoneを探す」機能が搭載されています。

紛失・盗難の際はiCloudの「iPhoneを探す」から、端末の位置情報の確認や音を鳴らしたり端末内のデータを消去することが可能です。

iCloudからiPhoneを探す

とはいえ、iPhoneを紛失したことに気づくのが遅れた場合には電池が切れてしまうこともありますし、悪意のある人に拾われた場合には電源をオフにした状態で持ち去られてしまう可能性もありえます。

この記事では、iPhoneの紛失・盗難時に電源オフ/電池切れの状態でも「iPhoneを探す」は使えるのか解説していきます。

電源オフでもiPhoneを探すは使えるのか

結論から言うと、「iPhoneを探す」機能は電源オフ/電池切れの状態では現在の位置情報を確認することはできません。

以前までは、電源オフ/電池切れ以外にオフラインや機内モードになっている場合も位置情報の検出ができませんでしたが、iOS13からオフライン状態の端末についてもBluetooth信号を利用することで「iPhoneを探す」が使えるようになりました。

ただし、iOS13以降の場合でも電源オフ/電池切れ状態のままでは位置情報を検出することができず、端末の電源がオンになっていることが条件となります。

オフライン状態でも「iPhoneを探す」が有効になる条件を簡単にまとめると、次のようになります。

「iPhoneを探す」使用条件
  • 電源オンになっている
  • 「iPhoneを探す」が有効
  • 「”オフラインのデバイスを探す”」が有効
  • Bluetooth設定がオンになっている
  • 位置情報サービスがオンになっている
  • iOS13以降を搭載している

オフライン状態でも電源がオン状態であれば「iPhoneを探す」機能が使えることがわかりましたが、電源オフの状態の時はどうしようもないかというと必ずしもそうではありません。

「iPhoneを探す」機能には、バッテリー残量が少ない時にそのiPhoneの位置情報を自動的に送信する機能が備わっており、この設定をしておくことで電池が切れる直前の位置情報を確認することができます。

では、早速その設定方法について説明していきます。

「最後の位置情報を送信」する方法

  1. “設定”から”Apple ID”をタップ
  2. “探す”をタップ
  3. “iPhoneを探す”をタップ
  4. “最後の位置情報を送信”をオンにする

画像も付けて、さらに詳しく説明していきます。

“設定”から”Apple ID”をタップする

iPhoneの設定画面からApple IDをタップして開きます。

設定からApple IDを開く

“探す”をタップする

Apple ID内の探すをタップして開きます。

Apple IDから探すを開く

“iPhoneを探す”をタップする

iPhoneを探すをタップして開きます。

下の方にある”位置情報を共有する”の部分は、家族や友だちと位置情報を共有する時に使用する機能なのでオン/オフどちらでもかまいません。

iPhoneを探すを開く

“最後の位置情報を送信”をタップする

最後の位置情報を送信をオンにし、その他の項目もオフになっている場合はすべてオンにしておきましょう。

最後の位置情報を送信する

これでバッテリーが切れる前に位置情報を自動的に送信するように設定できました。

まとめ

電源がオフの状態で持ち運ばれると位置情報を追跡することはできませんが、iCloud側で「検出したら通知」にチェックを入れておくことで、端末の電源がオンになった時に位置情報が通知されるようになります。

検出したら通知

中身のデータを見られ、悪用されるのが心配な場合は、端末データを遠隔で消去することも可能です。

この機能を逆手に取って、人気のない場所に誘き出すといった悪用のされ方も報告されていますので、あからさまに怪しい場所でiPhoneが見つかった場合には、一人で取りに行かずに誰かに相談する等の対策を行ってください。