Apple

iPhoneで通信の遅いWi-Fiに接続しないようにする方法

外出先で、妙に通信速度が遅いなと感じたら。

そのiPhone、Wi-Fi接続をオンにしていませんか?
Wi-Fi接続がオンの状態だと、意図しない接続先でも自動でWi-Fiが接続されてしまいます。結果、モバイル通信よりも遅いWi-Fiに繋がりイライラするなんてことも。かといって、毎回Wi-Fi接続のオン/オフを切り替えるのもめんどうです。

iOS11から、Wi-Fiネットワークごとに自動で接続するかどうかを設定することができるようになりました。モバイル通信よりも遅いWi-Fiなんて、設定で二度と繋がらないようにしてやりましょう!

Wi-Fi自動接続を個別に設定する

では、早速通信の遅いWi-Fiに接続しないように、Wi-Fiの自動接続を個別に設定していきましょう。

1. Wi-Fiを開く

iPhoneの[設定]から[Wi-Fi]を開きます。

[設定] > [Wi-Fi]
iPhone Wi-Fi

2. [i]アイコンをタップする

Wi-Fi画面を開いたら、[i]アイコンをタップします。
iPhone Wi-Fi 個別設定

3. 自動接続をオフにする

自動接続をスライドして、設定をオフにします。
iPhone Wi-Fi 自動接続

これで、対象のWi-Fiが自動接続されなくなります。

まとめ

通信の遅いWi-Fiの自動接続をオフにすることにより、ブラウザで1ページ読み込むのに何十分もかかることもなくなりますし、通信速度が遅すぎるせいでLINEやメールが届かなくて返事が遅れることも減るはずです。よく行く場所の通信の弱いWi-Fiや公衆無線LAN等は、自動接続をしないように設定しておいた方がブラウジングが快適になりそうです。