Apple

iPhoneでYouTubeをWi-Fi接続時のみ視聴できるようにする方法

YouTube

iPhoneでYouTubeを視聴していると、上部に表示されているWi-Fiのアイコンが動画に隠れて見えなくなってしまうことがあります。

Wi-Fiに接続して視聴していると思っていても、いつの間にかWi-Fiの接続が切れてモバイル通信に切り替わりギガが足りなくなってしまうなんてことも。

使用したデータ量に応じて料金が上がる従量制のプランで契約している場合は、安く済ませたいのに請求額を見てがっかりすることもあるのではないでしょうか。

この記事では、YouTubeの視聴中にモバイル通信に切り替わってしまった場合の対策として「iPhoneでYouTubeをWi-Fi接続時のみ視聴できるようにする方法」を紹介します。

ギガ不足の対策としてお試しください。

YouTubeアプリをモバイル通信時に接続しない

  1. 「設定」から「モバイル通信」をタップ
  2. 「YouTube」をオフにする

以下、画像付きでも解説していきます。

「設定」から「モバイル通信」をタップ

iPhoneの設定からモバイル通信をタップして開きます。

設定からモバイル通信をタップ

「YouTube」をオフにする

モバイル通信の各アプリの項目からYouTubeをタップし、モバイル通信を行わないように設定を変更します。

YouTubeアプリのモバイル通信をオフにする

これでYouTubeアプリを開いた時に、モバイル通信で接続しないようになります。

Wi-Fiに繋がっていない状態でYouTubeアプリを開くと「”YouTube”のモバイルデータ通信はオフです」と警告が表示されます。

YouTubeのモバイルデータ通信はオフです
▲ モバイル通信をオフにした時の表示

Wi-Fiに繋がっている状態であればこの警告は表示されず、動画視聴中にWi-Fiの接続が切れた場合は、動画が途中から読み込めずに進まなくなります。

まとめ

この設定はYouTubeアプリをモバイル通信に繋がないようにする設定です。

SafariやChromeのようなブラウザであったり、他のアプリからYouTubeに接続した場合はモバイル通信であっても接続してしまいます。

ブラウザ、メッセージアプリ、ニュースアプリのモバイル通信を切るのは不都合の方が多いので中々難しいです。

データの通信量が気になる場合は、モバイル通信をオフにした上で、なるべくYouTubeアプリから視聴するようにしてください。