IT・デジタル

Twitterで特定のキーワードを含むツイートをミュートにする方法

Twitterにはアカウント自体をミュートする以外にも、特定のキーワードの含まれているツイートをミュートすることもできます。

アカウント自体をミュートにする必要はないけれども、乗っ取りスパム・診断・質問箱等、タイムラインに流れてきてもあまり見ないようなツイートを非表示にするのに便利です。

というわけで、この記事ではTwitterで特定のキーワードのみミュートにする方法について解説していきます。

キーワードミュートを設定する方法

  1. “設定とプライバシー”を開く
  2. “プライバシーとセキュリティ”を開く
  3. “ミュート中”を開く
  4. “ミュートするキーワード”を開く
  5. “追加する”を開く
  6. キーワードを入力して保存する

こちらではモバイルアプリ版のTwitterを用いて説明していますが、ブラウザ版も一部表示が違うのみで、大体の流れは同じです。

“設定とプライバシー”を開く

Twitterのメニューから設定とプライバシーを開きます。

Twitterの設定とプライバシーを開く

“プライバシーとセキュリティ”を開く

設定とプライバシーの画面からプライバシーとセキュリティを開きます。

Twitterのプライバシーとセキュリティを開く

“ミュート中”を開く

少し下にスクロールしてミュート中を探して開きます。

ブラウザ版では「ミュート中」ではなく「ミュートとブロック」と表示されている場合があります。

“ミュートするキーワード”を開く

キーワードでミュートしたい場合はミュートするキーワードを選択します。

ミュートするキーワードを開く

“追加する”を開く

追加するもしくは画面上にある「+」アイコンを選択することで、ミュートするキーワードを追加できます。

ミュートするキーワードを追加する

キーワードを入力して保存する

ミュートするキーワードを入力し、ミュートする対象を選択して保存します。

ミュートするキーワードを入力する

これでミュートしたキーワードを含むツイートがタイムライン上や通知に流れなくなります。

まとめ

乗っ取りスパムツイート等は、間違ってURLリンクを踏んでしまう恐れもありますので、対象アカウントのフォローを外したくないのであれば、見つけたらすぐにミュートしてみてもいいかもしれませんね。

なお、あくまでタイムラインや通知へのミュートであり、キーワード検索した場合は検索結果に表示されてしまいますのでお気をつけください。