IT・デジタル

YouTubeアプリで休憩のリマインドを設定して見すぎ防止をする

Youtube - 休憩のリマインダー

スマホ版のYouTubeアプリに、見すぎ防止対策として「一定時間ごとに休憩をリマインドする」機能が追加されました。iOS版、Android版ともに、バージョン13.17以降で利用可能となっております。

この「一定時間ごとに休憩をリマインドする」機能は、初期設定ではオフになっているので、使用する場合には自分で設定しなければなりません。この記事で、簡単にですが設定する方法を紹介していきます。

YouTubeアプリで見すぎ防止機能を設定する方法

1.プロフィールアイコンをタップ

YouTubeアプリを起動し、画面右上にあるプロフィールアイコンをタップします。

YouTubeアプリ - プロフィールアイコンをタップする

2.設定画面を開く

「設定」をタップし、YouTubeアプリの設定画面を開きます。

YouTubeアプリの設定画面を開く

3.「一定時間ごとに休憩をリマインドする」をタップ

設定画面から、「一定時間ごとに休憩をリマインドする」をタップします。

Youtube < 設定 <一定時間ごとに休憩をリマインドする

4.リマインドする時間を設定する【完了】

「15分ごと、30分ごと、60分ごと、90分ごと、180分ごと」の中からリマインドする時間を選べば設定が完了です。

Youtubeアプリ < リマインド時間の設定

まとめ

YouTubeを見始めてから、リマインドを設定した時間が経過すると「少し休憩しませんか?」という画面が表示されます。

Youtube - 休憩のリマインダー

子どもがYouTubeを長時間見すぎてしまうのを防止するためや、ちょっとした休憩中に見る場合のタイマーがわり等に使えそうですね。是非お試し下さい。