Apple

iPhoneで撮影した写真の位置情報を消して住所バレを防ぐ方法

iPhone カメラ 写真

iPhoneで撮影した写真には、設定次第では位置情報が含まれています。

見知らぬ人に画像から住所を特定されてしまったり、知り合いであっても場合によっては現在居る場所を知られたくない場合もあるかと思います。

Twitter、Facebook、instagram、LINE等の有名どころのSNSに投稿された写真は自動で位置情報が削除される機能がついていますが、メールなどでは位置情報が削除されないものもあります。

それに、いくら自動で削除される機能がついているからといって安心はできません。クラウド上に保存した画像が流出した、なんてこともあり得ますので。

というわけで、この記事ではiPhoneで撮影した写真から位置情報を取り除く方法を紹介していきます。

写真から位置情報を消す方法

「設定」から「プライバシー」を開く

iPhoneの設定画面を開きプライバシーの項目をタップします。

iPhoneの設定からプライバシーを開く

「位置情報サービス」を開く

プライバシーから位置情報サービスをタップして開きます。

プライバシーから位置情報を開く

この時、位置情報サービスがオフと表示されているのであれば、すべてのアプリで位置情報が使用されていない状態です。

位置情報サービスがオンと表示されている、または、写真の位置情報サービスだけ取り除きたい場合はここからさらに設定をしていきます。

「カメラ」を開く

位置情報サービスからカメラをタップして開きます。

位置情報サービスからカメラを開く

「なし」に変更する

このAppの使用中のみ許可になっている場合はなしに変更してください。

位置情報をなしに設定する

これで、写真に位置情報が付与されなくなります。

まとめ

最近は何かとSNS経由での犯罪も多いですし、SNSだけでなく、掲示板やブログにアップロードした画像なども危険です。

自分の身を守るためにも、必要性のない場合の写真の位置情報は削除しておきましょう。