Apple

iOS/iPadOSの自動アップデートをカスタマイズする・無効にする方法

iOS12からiOSの自動アップデート機能が追加され、iOS13.6およびiPadOS13.6からはOSの自動アップデートをカスタマイズする機能も追加されました。

新しいバージョンのOSが配信されてすぐは不具合も多く、しばらく様子を見てからアップデートしたいという方も多いかと思います。

この記事では、iPhone/iPadで「OSの自動アップデートをカスタマイズする方法」と「自動アップデートを無効にする方法」について解説しています。

OSの自動アップデートをオフにする

  1. 設定から一般をタップする
  2. ソフトウェア・アップデートをタップする
  3. 自動アップデートをカスタマイズをタップする
  4. iOS/iPadOSアップデートをインストールをオフにする

画像付きで、さらに詳しく説明していきます。

iOS13.6を搭載したiPhoneの画面を用いて説明していきますが、iPadOSでもやり方は同じです。

設定から一般をタップする

iPhone/iPadの設定画面から一般をタップして開きます。

設定から一般を開く

ソフトウェア・アップデートをタップする

一般からソフトウェア・アップデートをタップして開きます。

ソフトウェア・アップデートを開く

自動アップデートをカスタマイズをタップする

ソフトウェア・アップデートから自動アップデートをカスタマイズをタップして開きます。

自動アップデートをカスタマイズする

iOS/iPadOSアップデートをインストールをオフにする

iOS/iPadOSアップデートをインストールをオフに変更します。

iOSの自動インストールをオフにする

これでOSが自動的にアップデートされることがなくなります。

OSの自動ダウンロードも無効にしたい場合、すぐ上にあるiOS/iPadOSアップデートをダウンロードの方もオフに変更してみてください。

まとめ

なお、自動ダウンロードはWi-Fi接続時のみ、自動アップデートは充電器およびWi-Fi接続時のみでしか実行されませんので、オン状態のままでも通信制限等に気を使う必要はありません。

自動ではなく、自分の都合の良いタイミングでアップデートをしたいという方は、OSの自動アップデートの方だけでもオフに変更しておきましょう。