Apple

【iOS14】iPhoneのホーム画面の各ページを非表示にする方法、アプリも個別に非表示可能

iOS14からiPhoneのホーム画面のアプリが表示されているページを、丸ごと非表示にすることができるようになりました。

ページ全体ではなく、アプリを個別に非表示にしたい場合は「Appライブラリ」へ移動することで、表面上は見えなくすることもできます。

この記事では、iOS14以降を搭載したiPhoneで、ホーム画面の各ページを非表示にする方法や、アプリを「Appライブラリ」に移動する方法について説明しています。

ホーム画面の各ページを非表示にする

  1. ホーム画面をロングタップする
  2. ページ表示部分をタップする
  3. 非表示するページのチェックをはずす

更に詳細に、画像を用いて説明していきます。

ホーム画面をロングタップする

まず最初に、どこでもいいのでホーム画面をロングタップしてください。

ホーム画面をロングタップする

ページ表示部分をタップする

ホーム画面下部にある、ページを表示しているドット部分をタップします。

ホーム画面のページ表示部分をタップする

非表示するページのチェックをはずす

ページ編集画面が表示されますので、非表示にしたいページのチェックをはずしてください。

非表示にするページのチェックをはずす

すべてのページを非表示にすることはできず、1ページだけで表示させる必要があります。

ホーム画面に戻ると、チェックをはずしたページが表示されなくなっているはずです。

非表示にしたページのアプリを利用する場合、再度ページを表示させるか、一番右のページにある「Appライブラリ」から利用が可能です。

「Appライブラリ」では、自動的にアプリが種類ごとにまとめられています。

アプリを個別に非表示にする

各ページ全体ではなく、アプリを個別に非表示にしたい場合は、ホーム画面をロングタップした後に、対象アプリの-アイコンをタップし「Appライブラリへ移動」することによってホーム画面から表示が消えます。

アプリをAppライブラリへ移動する

ホーム画面からアプリアイコンが消えますが、削除したわけではないので、こちらもページを非表示した場合と同様に「Appライブラリ」から利用が可能です。

再度ホーム画面に戻したい場合、「Appライブラリ」で対象のアプリをロングタップしホーム画面に追加することで元に戻せます。

Appをホーム画面に追加する

そのほか、対象のアプリを直接ドラッグ&ドロップでホーム画面に移動することでも元に戻すことが可能です。

まとめ

アプリが沢山あってホーム画面が見にくいなと思ったら、利用頻度の少ないアプリだけまとめたページを作って非表示にするといった使い方ができます。

ホーム画面の整理用機能としてお試しください。