Apple

iPhone/iPad/Apple Watchはアルコール除菌しても問題ない?

スマホやテレビといった、液晶を使用した製品をアルコールで除菌するのは、画面のコーティングが剥がれてしまうので本来推奨されていません。

iPhone/iPad/Apple Watchも、もれなく推奨していなかったわけですが、コロナウィルスの流行もあり、Appleサポートページにて条件付きで消毒剤を使ったお手入れが可能とアナウンスされました。

お手入れに消毒剤は条件付きで大丈夫

Appleサポートページによると、70%イソプロピルアルコール含有ワイプやクロロックス除菌ワイプを使い、Apple製品の通気性のない硬い表面、たとえばディスプレイやキーボードなどの外表面を優しく拭き取る分には問題ないとのことです。

Apple Watchに関しては、スポーツバンドや金属製のバンドをアルコールで拭くのは問題ありませんが、布製や革製のバンドには推奨されていません。

また、どの製品に関しても「漂白剤(ブリーチ)は使わないでください」と記載されています。

Apple製品のお手入れの手順

iPhone/iPad/Apple Watchのお手入れ方法は次のようになります。

  • 糸くずの出ない柔らかい布を使います。研磨布、タオル、ペーパタオル、またはそれに類似したものは使わないでください。
  • 製品を拭く際、やりすぎて傷を付けないようにしてください。
  • 外部電源、デバイス、ケーブル類をすべて取り外します。
  • 特定の製品について別途明記されていない限り、製品は液体から遠ざけておきましょう。
  • 開口部から水分や湿気が入らないよう注意してください。
  • スプレー式の液体クリーナー、漂白剤、研磨剤は使わないでください。
  • クリーナーを直接吹きかけないようにします。

iPhoneには耐指紋性撥油コーティングが施されており、洗浄用品や研磨剤を使うと、コーティングがはがれ、細かい傷が付くおそれがあるとのことです。

アルコール除菌をする際は、端末の電源を落としてから始めて下さい。

また、Apple Watchでレーザーバンドをお使いの場合は、バンドをはずしてから手入れをして下さい。

まとめ

Appleサポートページで紹介されている、クロロックス除菌ワイプはアメリカでは一般的に販売されている製品のようですが日本ではあまり見かけません。

クロロックス除菌ワイプ
▲ クロロックス除菌ワイプ

日本で販売されている消毒剤は70%イソプロピルアルコールよりも弱いものが多く、エタノールが主流なのでそちらでも代用が可能かと思われます。

その他、ウェットティッシュやメガネ拭きでも代用可能かと思いますが、万が一のこともあります。

ディスプレイにはフィルターを貼っておいて、その上から拭いた方が無難ですね。