レビュー

【実機レビュー】iPhone 12 miniのサイズ比較とベンチマークスコア

2020年11月13日発売のiPhone 12 miniを実際に購入しましたので、iPhone SE(第1世代)およびiPhone SE(第2世代)とのサイズ比較と実機ベンチマークスコア(AnTuTu/Geekbench)を掲載します。

購入を検討している方は、是非参考にしてみてください。

iPhone 12 mini 開封レビューと同梱物

カラーはブルーとブラックで悩んだものの、無難にブラックを購入。

Apple StoreのSIMフリー版です。

iPhone 12 miniを開封

色合いとしては、iPhone 11のブラックと同じ感じでiPhone 7限定カラーのジェットブラックのような濃い黒さはない感じです。

ブラックだと指紋がべったり付いて若干目立ちますが、スマホカバーを付けるなら、まあ問題ないでしょう。

iPhone 12 miniには、本体以外に「USB-C Lightningケーブル」と「マニュアル」および「SIMピン」が同梱されています。

iPhone 12 miniの同梱物

iPhone 12シリーズは電源アダプタが付属されていませんので、手元にない場合は別途用意しなくてはなりません。

iPhone 11シリーズからの乗り換えであれば手元にUSB-C電源アダプタがあるはずですが、それ以前のモデルからの乗り換えであればUSB-C電源アダプタを購入するか、以前のモデルのケーブルとUSBアダプタで充電することになります。

ただし、iPhone 12 miniで高速充電を利用したい場合、20W以上の電源アダプタが必要となります。

高速充電とは、iPhone 8以降から実装された、約30分で最大50%まで再充電できる機能です。

お手持ちの電源アダプタのワット数の確認は、電源アダプタの上部または下部から確認できます。

そのほか、iPhone 12シリーズから対応したMagsafe充電器を使う場合、最低12W以上のUSB-C電源アダプタが必要で、高速充電を行いたい場合はiPhone 12 miniが18W(9 V/2.03 A)以上、その他のモデルでは20W(9 V/2.22 A)以上が必要となります。

なお、Magsafe充電器の場合は最大15Wの高速ワイヤレス充電に対応していますが、iPhone 12 miniのみ最大12Wです。

買い替えなどによる他モデルでの使用も考えると、とりあえず電源アダプタは20W以上のものを購入するのがよさそうです。

iPhone 12 mini サイズ比較

iPhone 12 miniを、iPhone SE(第1世代)とiPhone SE(第2世代)とでサイズを比較してみました。

手元にiPhone SEがなかったため、iPhone SE(第1 & 第2世代)とまったく同じサイズであるiPhone 5とiPhone 8を比較に使用しています。

iPhone 12 mini サイズ比較
iPhone SE 2iPhone 12 miniiPhone SE 1
高さ138.4 mm131.5 mm123.8 mm
67.3 mm64.2 mm58.6 mm
厚さ7.3 mm7.4 mm7.6 mm
重量148 g133 g113 g

iPhone SE(第1世代)の小ささを期待していた方からすると、iPhone 12 miniでも若干大きく感じるかもしれませんが、iPhone SE(第2世代)よりは小さく、片手での操作もしやすく感じます。

個人的には、あまり画面が小さくなりすぎても画面が見づらくなるので、全画面ディスプレイで片手で操作しやすいというだけで十分満足です。

最近のスマートフォンは大きいサイズが主流ですし、iPhone 12 miniの売れ行きが悪い場合は次回以降小さいモデルが発売されなくなる可能性もあるので、心配な方は買っておいてもよさそうですね。

iPhone 12 mini ベンチマークスコア

iPhone 12 miniは、ほかのiPhone 12シリーズと同様にA14 Bionic チップを搭載しており、RAMは4GB、バッテリー容量は2,227mAhです。

「AnTuTu」と「Geekbench」で、iPhone 12 miniのベンチマークスコアを計測しましたので掲載します。

AnTuTu V8 ベンチマークスコア

iPhone 12 mini AnTuTu
AnTuTu ベンチマークスコア
Total596446
CPU147313
GPU260371
MEM95472
UX93290

Geekbench 5 ベンチマークスコア

iPhone 12 mini Geekbench
Geekbench ベンチマークスコア
Single1589
Multi4093
Metal9245

ベンチマークスコア 総評

小さいサイズでありながら、他iPhone 12シリーズと性能はまったく変わりません。

AnTuTuの総合スコアは59万前後であり、Androidで2020年現在トップクラスに性能が良いチップであるSnapdragon 865 Plusと並ぶ性能です。

Geekbenchで見ると、そのSnapdragon 865 Plusよりも性能が高く、iPad Pro 2020より少し下回る性能となっています。

2020年時点で発売しているスマートフォン全体の中でもトップクラスの性能であり、何に使うにしても特に問題が起きることはないと思われます。

なお、ベンチマークスコアはiPhone 12 Proと同等ですが、RAMについてはProが6GBに対し、12/12 miniは4GBですので、Proの方が12/12 miniよりも総合的な性能は高くなります。

iPhone 12/12 miniとiPhone 12 Pro/12 Pro Maxの違いについては、別の記事で詳しく解説していますので、気になる方はこちらも御覧ください。

まとめ

iPhone 12シリーズは5Gがミリ波に対応していなかったり、指紋認証がないことで賛否両論ありますが、5Gはあと数年は日本での環境自体が整いそうにありませんし、指紋認証はなかったらなかったでパスコード入力でも十分対応できたりします。

指紋認証が欲しい場合はiPhone SE(第2世代)の購入や、iPhone 13の発売まで待ってみるのもありかと思いますが、iPhone 13はそれはそれでUSB-C端子搭載どころかLightning端子廃止でフルワイヤレス仕様になるという噂もあるので、利便性的にはなんともいえないところですね。

手元にあるモバイルバッテリーとか、外部ストレージとか使えなくなりますし。

iPhone 12 miniは屋外で使う分にはポケットにも入れやすく片手操作も楽ですが、屋内でのプライベートな時間に使うにはやはり画面のサイズが大きいモデルの方が動画を見るにもゲームをするにも便利に感じます。

といっても、ぼく自身は屋内ではiPadを使うことが多く、iPhoneはLINEや通話・スマホ決済がメインなのでそこまで気にはなりませんし、カメラについてもSNSに頻繁に写真を投稿しているわけでもないので、そこそこの性能で満足です。

オンラインショップで見る