IT・デジタル

LINEメッセージが送れない時の原因と対処法

LINEでメッセージが突然送れなくなった。

何度、再送信をしても送ることができない。

そんな場合の原因と対処法について、この記事では解説しています。

LINEでメッセージが送れない時の参考にしてみてください。

LINEメッセージが送れない原因

LINEメッセージが送れていない場合、メッセージの横に矢印マークが表示されます。

LINEのメッセージが送れていない時の表示

LINEメッセージが「送れない」のには様々な原因がありますが、次のような場合が多いです。

  • 端末の不具合
  • LINEアプリの不具合
  • 電波が悪い(地下、フリーWi-Fi、通信制限など)
  • ネットワークに繋がっていない

では、個々の原因についてもう少し詳しく解説していきます。

端末の不具合

壊れかけの古い端末を使っている場合や、端末になんらかの障害が発生している場合にはLINEメッセージが送れなかったり送りにくい状態になる場合があります。

経験談として、高負荷のアプリを長時間稼働し端末が熱を持ち動作が重くなっている状態の時に、LINEメッセージが送れなかったり届かなくなることがありました。

LINEアプリの不具合

LINEアプリ自体に不具合が発生していたり、通信障害が発生している可能性があります。

LINE公式Twitterや公式ブログで不具合情報が更新されていないか確認してみましょう。

情報が更新されていない場合は、リアルタイムで同じような不具合が発生している人がいないかSNSで調べてみるのも一つの手ですね。

電波が悪い

極端に電波の通りが悪い地下や山奥などであったり、質の悪いフリーWi-Fiに繋がっている、通信制限がかかっている、回線が込み合っている場合にはLINEメッセージが送れなかったり送りにくい場合があります。

LINE以外にもWEBページの表示が遅い場合は、この可能性が高いです。

ネットワークに繋がっていない

災害等によって各キャリアで通信障害が発生していたり、機内モードになっている、通信料金の滞納により回線が切断されているような場合はLINEを送ることができません。

そのほか、MNP(乗り換え)時の回線切替タイミングに一時的にネットが使えないといった場合もあります。

LINEメッセージが送れない時の対処法

電波や通信障害が問題であれば、移動したりしばらく時間を置くことによってLINEを送れるようになりますが、そのほかが原因の場合は一体どういった対処法があるのでしょう。

いくつかの対処法について、解説していきます。

LINEを最新版にバージョンアップする

アプリになんらかの不具合が発生している場合、LINEを最新版にバージョンアップすることで問題が解決する場合があります。

古いバージョンで不具合が発生しているのであれば、最新版へバージョンアップしてみましょう。

LINEアプリを再起動する

LINEアプリを一旦タスクから終了し、再起動した後にもう一度メッセージを送信してみてください。

端末を再起動する

端末が重くなっておりアプリの処理に不具合が生じている場合は、アプリではなく端末自体を再起動することにより解決できることがあります。

LINEアプリを再インストールする

LINEアプリや端末の再起動をしても解決しない場合、LINEアプリのデータが破損している可能性があり、アプリを一度削除した後再インストールすることで解決できる場合があります。

LINEアプリを削除する場合は、トーク履歴のバックアップを取ってから行うようにしましょう。

機内モードをオフにする

端末の機内モードがオンになっている場合、インターネット利用することができなくなり、その結果LINEメッセージを送ることができなくなります。

一度機内モードがオンになっているか確認し、もしオンになっている場合はオフに変更してください。

Wi-Fiの接続を切る

質が悪く速度の遅いフリーWi-Fiに接続していると、LINEメッセージの送信に時間がかかったり送れなくなることがあります。

外出時にWi-Fiに接続されており、WEBページも中々開けないような場合はWi-Fiの接続を一時的に切断しておきましょう。

まとめ

LINEメッセージが送れない原因はネットワーク関係に問題がある場合や、アプリ自体に障害が発生している場合が多いです。

時間を置けば解決することが多いですが、解決しない場合は端末・アプリの再起動やアプリの再インストール等も試してみてください。