Apple

iPhone/iPadの画面をMacで表示(ミラーリング)する方法

Macでミラーリングしたときの表示

iPhoneやiPadの画面を更に大きく表示したい場合や、複数人で画面を見たい場合などに。

この記事では、iPhoneおよびiPadの画面をMacにミラーリングする方法を紹介しています。

特にアプリのインストールなどはせず、Macに標準で搭載されているものだけ使いミラーリングしていきます。

QuickTime Playerを使ってミラーリングする

Macに標準で搭載されている「QuickTime Player」を使って、iPhoneおよびiPadの画面をミラーリングします。

iPhone(iPad)をMacに繋ぐ

iPhoneおよびiPadを、 Macに直接Lightning(USB-C)ケーブルでつないでください。

QuickTime Playerを起動する

MacでQuickTime Playerを起動します。

QuickTime Playerを起動する

「新規ムービー収録」をクリックする

QuickTime Playerを起動したら「新規ムービー収録」をクリックしてください。

新規ムービー収録をクリックして選択する

iPhone/iPadを選択する

録画ボタンの横の「v」マークをタップし、ミラーリングしたい端末を選択します。この時、ケーブルで繋がっていない場合は端末が表示されません。

iPhoneおよびiPadをMacにミラーリングする
▲ ケーブルで繋いだ端末が表示される。
Macでミラーリングしたときの表示
▲ Mac上に画面が表示される。

まとめ

昔はiPhoneの画面の録画をする場合、有料アプリを使ってMacにミラーリングしてから動画を撮影しなければできませんでしたが、今ではiPhoneやiPad単体でも録画が可能になりました。

以前よりも、Macにミラーリングする必要性はなくなってきたかと思いますが、iPhoneやiPadの画面のスクリーンショットでは表示されない部分を撮影したい場合や、資料のプレゼン、iPhoneでゲームアプリをしていて文字が小さくて見えないときなど、使いみちはまだあるかなと。

もっとも、HDMIケーブルで直接TVに繋ぐという方法もあるわけですが。

人気記事 Apple Payに登録するならどれ?おすすめのクレジットカードを紹介

人気記事 キャッシュレス還元で得する!4つのスマホ決済組み合わせ