携帯キャリア・SIM

SIMピンをなくした時の対処法は?代替品を探してみた!

スマートフォンを購入すると必ず一つは付属されているSIMカード交換用のSIMピンですが、必要な時に限ってどこに置いていたか忘れて見つからないなんてこともよくあります。

というわけで、SIMピンの代用品としてどんなものが使えるのか探してみましたので記事にします。

SIMピンが必要だけど、手元にないという方は参考にしてみてください。

代用品その1:ペーパークリップ

Apple公式サポートでも推奨されており、長さや硬さも十分にあります。

手元になくてもコンビニで売ってることも多いので、すぐに購入できる点も良いですね。

ちなみに、ペーパークリップには大と小の2つの大きさがありますが、iPhoneとGoogle Pixelで試したところ、どちらも問題なくSIMトレイを開くことができました。

おすすめ度 ★★★★★
メリット
  • 硬さ・長さともに問題なし
  • コンビニなどですぐに購入できる
デメリット
  • 部分的に真っ直ぐに曲げる必要があるため、使い捨てになる
  • 家庭に一つは常備されていそうで、意外となかったりする

代用品その2:シャープペン

先端が尖っていて長めのシャープペンであれば、SIMピンの代用品として使うことができます。

ペーパークリップと比べて、力を入れやすく、SIMトレイを開けやすい印象です。

先端が短かったり、丸みがあるタイプ、ペン先が収納されるタイプのシャープペンは代用品にならない場合がありますのでお気をつけください。

おすすめ度 ★★★★☆
メリット
  • 力をいれやすく、SIMトレイを開けやすい
デメリット
  • シャープペンによっては代用品にならない

代用品その3:安全ピン

こちらもペーパークリップと同様に、サイズ感は問題ありません。

学生であれば名札などでも代用できますし。手元にある方も多いのではないでしょうか。

難点と言えば、先端が尖っているため端末に傷がつく可能性があることですね。

おすすめ度 ★★★☆☆
メリット
  • 硬さ・長さともに問題なし
  • 名札など代用品を持っていることが多い
デメリット
  • 端末に傷がつく可能性がある
  • すべりやすい

代用品その4:つまようじ

つまようじも代用品として使えますが、太さがあるため一部の端末にはそのまま使うことができず、カッターで先端付近の太さを少し削る必要があります。

コンビニで箸をもらうと大体ついてくるので、手元にあるなら試してみるのもいいかと思いますが、削る手間が面倒だったり、確実性を求めるならつまようじではなくクリップの方が無難です。

おすすめ度 ★★☆☆☆
メリット
  • 割り箸についていることも多いので用意が手軽
デメリット
  • 一部の端末には先端付近を削らないと使えない
  • 先端がつぶれやすい

代用品その5:SIMピン

SIMピンの代用品としてSIMピンというのも元も子もないわけですが、Amazonなどで普通にSIMピンを購入することができるんです。

端末によってはクリップでSIMトレイを開けないという報告もあるようですし、予備として手元に置いておきたい人は購入してみてもよさそうですね。

おすすめ度 ★★★☆☆
メリット
  • SIMピンなので代用品よりも安心できる
デメリット
  • 通販だと届くまで時間がかかる
  • SIMトレイを開ける以外の使い道がない

まとめ

SIMトレイを開けるには、ある程度の長さと硬さが必要になります。

この条件を満たせるなら、ここで紹介した代用品以外でも問題ありません。

個人的には、クリップとシャープペンあたりが無難かなとは思いますが、まずは手元にあるもので試してみて、ダメそうなら代用品を購入して試してみてください。