IT・デジタル

Twitterアカウントのパスワードを変更/リセットする方法

不正ログイン/アクセスが見つかった、乗っ取りスパムアプリを連携してしまった時や、パスワードを忘れてしまった時の対処法として。

この記事では、Twitterアカウントのセキュリティ対策として、パスワードを変更する方法について説明しています。

Twitterのパスワードを変更する

  1. “設定とプライバシー”を開く
  2. “アカウント”を開く
  3. “パスワード”を開く
  4. パスワードを変更する

iOSアプリ版の画像を使用して説明していきますが、基本的なやり方はiPadOS・Android・PC/モバイルブラウザ版でも共通です。

“設定とプライバシー”を開く

Twitterにアクセスし、モバイル(アプリ)版の場合はプロフィールアイコンをタップもしくは画面を右スワイプ、PCブラウザ版の場合は「もっと見る」をクリックしてメニューを表示させます。

表示されたメニュー内から設定とプライバシーを選択してください。

設定とプライバシーを開く

“アカウント”を開く

“設定とプライバシー”からアカウントを開きます。

Twitterのアカウント設定を開く

“パスワード”を開く

アカウントのログインとセキュリティ項目からパスワードを開きます。

ログインとセキュリティ項目からパスワードを開く

パスワードを変更する

現在のパスワードを入力した後、新しいパスワードを入力していきます。

Twitterのパスワードを変更する

これでパスワードの変更が完了しました。

もし現在のパスワードが分からなくなったという場合、次で紹介する方法をお試しください。

Twitterのパスワードをリセットする

パスワードが分からなくてログインできなくなった。

パスワードが分からなくて一部の機能が利用できない。

そんな場合には、Twitterのパスワードをリセットすることが可能です。

やり方としては、ログイン画面やパスワード変更画面に表記されている「パスワードをお忘れですか?」をクリック/タップする、もしくは下記URLから直接Twitterのパスワードリセット画面にアクセスしてください。

アクセスできましたら、登録したメールアドレス・電話番号・ユーザー名のいずれかを入力し、検索してください。

ユーザー名とは名前ではなく、「@TwitterJP」のような@から始まる任意の英数字です。

Twitterアカウントを探す

対象のアカウントが見つかると登録したメールアドレス・電話番号が表示され、確認画面が表示されますので、問題なければ「続ける」を押してください。

パスワードのリセット方法を選択する

すぐに登録してあるメールが届きますので、リンクにアクセスして新しいパスワードを入力することでリセットが完了します。

Twitterのパスワードをリセットする

次からは、新しいパスワードを利用してTwitterにログインできるようになります。

まとめ

定期的にパスワードを変更しておくのが理想ですが、何度もパスワードを変更してもパスワードがどれだったか忘れてしまうこともありますよね。

そもそもSNSからログアウトすることの方がまずないので、パスワードを忘れてしまったなんて場合も多いのではないかなと。

パスワードを変更した際は、メモを残したりパスワード管理アプリを利用する等も忘れずにしておきましょう。