Apple

Siriを「Hey Siri」でのみ起動するように変更する方法

Siriの起動方法を変更する

iPhoneでWEBサイトの閲覧中やアプリを使用中にホームボタンを長押ししてしまうことにより、Siriがいらないタイミングで起動してしまうことってありませんか?

ゲームで対戦中なんかに「ご用件はなんでしょう?」とか言われても、非常に困るんですよね。用があるとすれば「お前を消す方法」が知りたいぐらいでしょうか。

そんなわけで、Siriが必要ないタイミングで起動しないように「Hey Siri」以外で起動しないようにしてしまいましょう。Siri自体を使わない場合は、Siri自体が起動しないようにしてしまいましょう。

Siriを手動で起動できないように変更する

1.「Siriと検索」をタップする

iPhoneの設定から、「Siriと検索」をタップして開きます。

iPhone 設定-Siriと検索

2.Hey Siriのみで起動するように変更【完了】

「ホームボタンを押してSiriを使用」の設定をオフに変更します。この時、「”Hey Siri”を聞き取る」の項目はオンに設定して下さい。

iPhone ホームボタンを押してSiriを使用

これで手動でSiriが起動しないようになりました。


今思うと、僕自身ほとんどSiriを使ったことがないんですよね。家や落ち着いた空間では文字で検索しますし、人が多い場所で電話以外でスマホに向かって話しかけるのにはちょっと抵抗が。

「”Hey Siri”を聞き取る」や「ロック中にSiriを許可」の設定もオフにするとSiri自体が起動しなくなりますので、Siri自体を使わないという方はお試しください。