Apple

iPadでキーボード接続時のライブ変換をオフ・無効にする方法

iPadOS13.4から、日本語入力時に自動的に文字を変換してくれる機能「ライブ変換」が実装されました。

この機能は、Magic KeyboardやBluetoothキーボード接続時に使える機能であり、MacではOSX El Capitanの時に実装されています。

ライブ変換によって文字入力速度が向上する反面、慣れていないと使いにくく感じてしまうこともあります。

というわけで、この記事では、iPadでキーボード接続時の「ライブ変換」機能を無効にする方法について紹介していきます。

ライブ変換を無効にする方法

  1. キーボードを接続する
  2. 一般からキーボードをタップする
  3. ハードウェアキーボードをタップする
  4. ライブ変換をオフにする

さらに画像つきで詳しく解説していきます。

キーボードを接続する

まず始めに、iPadに外部キーボードを接続していない場合は接続しておいてください。

後でも説明しますが、キーボードを接続していないとハードウェアキーボードという項目が表示されません。

一般からキーボードをタップする

キーボードを接続したら、iPadの設定を開き、一般キーボードをタップしてください。

iPad設定の一般からキーボードを開く

ハードウェアキーボードをタップする

ハードウェアキーボードをタップします。

ハードウェアキーボードをタップする

この項目は、外部キーボードが接続されていない時は表示されません。
もし表示がない場合、もう一度キーボードを接続し直してみてください。

ライブ変換をオフにする

ハードウェアキーボードの設定からライブ変換をオフに切り替えます。

ライブ変換を無効にする

これで設定完了です。

もし、ライブ変換をもう一度オンに切り替えたい場合は、外部キーボードを接続した後に同様に設定してみてください。

まとめ

ライブ変換は慣れていないと、逆に文字入力に突っ掛かり入力が遅くなってしまいます。

誤変換が多くなってしまったり、使いにくいと感じる場合は設定を無効にしておきましょう。