Apple

iPhone/iPadに仮想ホームボタンを設置する方法

iPhone X以降のモデルや、iPad Proにはホームボタンがついていません。

iPhone/iPad単体でメモリの解放を行う時にはホームボタンがないとできません。

iPadをApple Pencilで操作している時には、下のバー(ホームバー)は指で触らないと反応しなくて切り替えが面倒だったりします。

というわけで、この記事ではiPhone/iPadに仮想ホームボタンを設置する方法を紹介していきます。

仮想ホームボタンを設置する

  1. 設定からアクセシビリティをタップする
  2. タッチをタップする
  3. AssistiveTouchをタップする
  4. AssistiveTouchをオンにする

以下、画像も使用して詳しく説明していきます。

設定からアクセシビリティをタップする

iPhone/iPadの設定からアクセシビリティをタップして開きます。

設定からアクセシビリティを開く

タッチをタップする

アクセシビリティからタッチをタップして開きます。

アクセシビリティからタッチを開く

AssistiveTouchをタップする

タッチからAssistiveTouchをタップして開きます。

タッチからAssistiveTouchを開く

AssistiveTouchをオンにする

AssistiveTouchをタップしてオンに切り替えます。

AssistiveTouchをオンにする

これでiPhone/iPadに仮想ホームボタンを設置することができました。

iPhoneの仮想ホームボタンの表示
▲ 仮想ホームボタンの表示

仮想ホームボタンのアイコン以外をタップすると、小さく折りたたまれた状態になります。

まとめ

AssistiveTouchではホームボタン以外にも、画面上でジェスチャが必要になる次のような機能を1タップで開けるようになります。

  • コントロールセンター
  • 通知センター
  • Spotlight
  • App スイッチャー
  • 画面の読み上げ

その他、メニューをカスタマイズすることにより、音量の上げ下げや再起動といった機能も追加することができます。

AssistiveTouchのメニューをカスタマイズする

ぜひ、お試し下さい。