Apple

iPhoneの画面が勝手に明るくなる、暗くなる場合の対処法

iPhoneの画面の明るさが勝手に変わる時の対処法

iPhoneの画面の明るさが勝手に変わってしまう原因は「明るさの自動調節」機能にあります。この機能は、光の当たり具合が変わるにつれて、デバイスの明るさの調節スライダが自動的に動く機能で、デフォルトの設定ではオンになっています。

というわけで、この記事ではiPhoneの画面が勝手に明るくなったり、暗くなってしまう場合の対処法、明るさの自動調節を無効にする方法を紹介していきます。

iPad等の他iOS端末でも、iPhoneと同様の手順で設定することが可能ですので参考にしてください。

iPhoneの明るさの自動調節を無効にする

1.「設定」から「一般」を開く

iPhoneの「設定」から「一般」をタップして開きます。

iPhoneの設定から一般を開く

2.「アクセシビリティ」を開く

「一般」から「アクセシビリティ」をタップして開きます。

iPhoneの一般からアクセシビリティを開く

3.「ディスプレイ調整」を開く

「アクセシビリティ」から「ディスプレイ調整」をタップして開きます。

iPhoneのアクセシビリティからディスプレイ調整を開く

4.「明るさの自動調節」をオフにする

「明るさの自動調節」がオンになっている場合は、スライドしてオフに切り替えます。

iPhoneのディスプレイ調整から明るさの自動調節をオフにする

これで明るさの自動調節が無効となり、勝手に明るさが変わることがなくなります。

「明るさの自動調節」がオフになっているのに画面が暗くなるという場合は、iPhoneが熱を持ち自動的に温度を調整しようとした結果、画面が暗くなっている可能性があります。端末が熱を持つようなアプリをやめたり、端末を冷やすことによって解決する場合がありますのでお試しください。

まとめ

  1. 「設定」から「一般」を開く
  2. 「アクセシビリティ」を開く
  3. 「ディスプレイ調整」を開く
  4. 「明るさの自動調節」をオフにする

部屋の環境次第では頻繁に画面が暗くなったりするので、邪魔だと思ったら「明るさの自動調節」を無効にしてください。

なお、明るさを手動で調節したい場合は、設定の「画面表示と明るさ」から可能ですので、自動調節で気に食わない明るさになってしまった場合はこちらから直しましょう。