Apple

【Mac】Safariのキャッシュ、cookieの削除(クリア)方法

ブラウザの動作が重くなった場合、ブラウザのキャッシュやcookieの削除をするかと思います。
WindowsでInternet Explorerを使用の場合はインターネットオプションから、Google Chromeなら設定や履歴から、ではMacでSafariをブラウザとして使ってる場合はどうすればいいの?

というわけで、MacでSafariをブラウザとして使用している場合のキャッシュ、Cookieの削除(クリア)方法を紹介します。

開発メニューからキャッシュを削除(クリア)する方法

Safariの「環境設定」を開く

メニューバーから環境設定を開きます。

Safariの環境設定を開く

2“開発”メニューを表示させる

メニューバーに”開発”メニューを表示にチェックを入れると、上部のメニューバーに開発の項目が増えます。

メニューバーに開発メニューを表示

開発メニューからキャッシュを空にする

キャッシュを空にするを選択すると、Safariのキャッシュを削除(クリア)することができます。

開発からキャッシュを空にする

Webサイトデータを全部、または選択して削除する方法

すべてのWEBサイトデータを削除する方法

環境設定のプライバシータブからすべてのWebサイトデータを削除をクリックします。

すべてのWebサイトデータを削除をクリックすると、キャッシュ及びcookieをすべて削除することができます。

データを選択して削除する方法

「すべてのWebサイトデータを削除」のすぐ下にある詳細をクリックします。

プライバシーから詳細をクリックする

削除したい項目を選択し、下部にある削除をクリックすることによって削除したいWebデータを個別に削除できます。

また、すべてを削除を選択すると先ほどの「すべてのWebサイトデータを削除」と同様にすべて削除することができます。

右上の検索フォームから削除したいWebデータを検索することも可能です。

まとめ

Safariの動作が重くなった場合や、キャッシュがたまり容量が不足してきた場合にお試しください。

iPhone版Safariでのキャッシュ・cookieの削除のやり方は下記リンクからどうぞ。