Apple

iPhoneに保存されているWebサイトデータ一覧を確認する方法

iPhone/iPadのSafariでWebサイトを閲覧すると、次回アクセスした時に読み込みが早くなるように、画像等のデータが一時的にキャッシュとして端末内に保存されます。

キャッシュを削除する際に、すべてのデータを一括で削除する以外にも、Webサイトデータ一覧から個別に削除していくことも可能です。

この記事では、端末に保存されているSafariのWebサイトデータ一覧を確認する方法や、データ・キャッシュを一括ではなくサイトごと個別に削除する方法について解説しています。

Webサイトデータ一覧を確認/削除する

  1. 設定からSafariをタップする
  2. Safariの詳細をタップする
  3. Webサイトデータをタップする
  4. Webサイトデータの編集をタップする
  5. 対象のWebサイトデータをタップする
  6. Webサイトデータを削除する

画像も付けて、さらに詳しく説明していきます。

設定からSafariをタップする

iPhone/iPadの設定からSafariをタップします。

設定からSafariをタップして開く

Safariの詳細をタップする

Safari設定画面の一番下にある詳細をタップします。

Safariの詳細を開く

Webサイトデータをタップする

詳細項目からWebサイトデータをタップしてください。

Safariの詳細からWebサイトデータを開く

Webサイトデータを開くと、保存されているWebサイトデータの一覧が表示されます。

Webサイトデータの編集をタップする

Webサイトデータを個別に削除したい場合は編集をタップします。

Webサイトデータを編集する

なお、一括で削除したい場合は下側にある全Webサイトデータを削除をタップすることで可能です。

Webサイトデータを一括で削除する

対象のWebサイトデータをタップする

Webサイトデータを削除する対象のサイトを選び、進入禁止の標識のようなアイコンをタップします。

Webサイトデータを個別に選択する

Webサイトデータを削除する

削除をタップすると、対象のWebサイトデータが削除されます。

Webサイトデータを個別に削除する

これで完了です。

まとめ

あまり使うことはないかもしれませんが、怪しいサイトを開いてしまったときに、他のデータを残しつつ削除したい時などに使えるかなと。

そのほか、サイトごとのキャッシュ保存量を確認することにも使えますので、どんなサイトでどのぐらいの容量を使っているか気になる場合にお試しください。