IT・デジタル

【Windows10】IMEの予測変換・予測入力を無効にする方法

Google日本語入力を長年使っていましたが、諸事情でMicrosoft IMEに戻しました。
特に設定をいじらずに使ってみたら、文字を打つと毎回出てくる予測変換がジャマでジャマで仕方がないわけで…。

ああああああああ!
こんな感じででてくる。どこで使った文字だよこれ。

というわけで、このジャマな予測変換・予測入力の設定を切ってやりましょう!

Windows10 IMEの予測変換・予測入力を無効化

1. IMEのオプションからプロパティを表示する

右下のオレンジ色で囲んだ部分で右クリックする。

IMEオプションが表示されたらプロパティをクリックする。
するとMicrosoft IMEの設定という画面が表示されます。

2. 入力履歴を使用するのチェックをはずす

共同のPCだと変な予測入力がでるとはずかしいですよね。
予測入力は使いたいけど、予測入力の入力履歴は使いたくないという方はこちら。

入力履歴を使用する」のチェックをはずします。
念のため「入力履歴の消去」もしておくといいかと思います。

これだけでは予測入力を無効にすることはできませんので完全に無効にしたい方はさらに続きへ。

3. 予測入力を使用するのチェックをはずす

まずはMicrosoft IMEの詳細設定画面を開きます。

詳細設定をクリックでMicrosoft IMEの詳細設定画面が開く。

Microsoft IMEの詳細設定画面が開いたら予測入力タブから「予測入力を使用する」のチェックをはずす。

これで予測入力の無効化が出来ているはずなのでご確認ください。