Apple

iPhoneの画面が下がる場合の対処法、簡易アクセスの使い方

iPhoneの使用中に画面が突然下がって来て困ったことはありませんか?

これは「簡易アクセス」機能といって、iPhone 6 Plusなどのディスプレイの大きいモデルが発売された時に、片手でも上部に手が届くようにと追加された機能です。

ただ、この機能の存在自体を知らなかったり、直し方がわからないと、急に画面が下がってきたときに困りますよね。

この記事では、iPhoneの画面が下がる場合の対処法や「簡易アクセス」機能のオン/オフを設定する方法を紹介しています。画面を戻せなくて困った時や、「簡易アクセス」を使いたい時の参考にしてください。

簡易アクセス機能を使う方法と戻す方法

ホームボタンのないiPhoneの場合

iPhone X、XS、XR、11のように、ホームボタンのついていないiPhoneで「簡易アクセス」機能を使う方法です。

ホームボタンのないiPhoneで簡易アクセスを使う
  • 起動方法: 画面下部を下にスワイプ
  • 戻す方法: 画面下部を上にスワイプ

ホームボタンのあるiPhoneの場合

iPhone 6、7、8のように、ホームボタンのあるiPhoneで「簡易アクセス」機能を使う方法です。

ホームボタンのあるiPhoneで簡易アクセスを使う
  • 起動方法: ホームボタンを2回タップ(ボタンを押し込まない)
  • 戻す方法: ホームボタンを2回タップ or 上部を1回タップ

簡易アクセス機能のオン・オフを設定する方法

では次に「簡易アクセス」のオン/オフを設定する方法について説明していきます。

「簡易アクセス」はデフォルトではオフに設定されています。機能を使用する場合は、設定をオンに切り替えましょう。

「アクセシビリティ」を開く

設定からアクセシビリティをタップして開きます。

設定からアクセシビリティを開く

「タッチ」を開く

アクセシビリティからタッチをタップして開きます。

アクセシビリティからタッチを開く

「簡易アクセス」を切り替える

簡易アクセスをタップしてオン/オフを切り替えます。

簡易アクセスのオンオフを切り替える

これで簡易アクセスのオン/オフの切り替えができました。

画面が下がったまま戻せない場合の対処法

iPhoneの画面が下がってしまった、下に落ちて戻らなくなってしまった場合、まずは通常通り「簡易アクセス」を戻す方法を試してください。

  • ホームボタンなし: 画面下部を上にスワイプ
  • ホームボタンあり: ホームボタンを2回タップ

これで直せない場合は、iPhoneの画面自体がフリーズしている可能性があり、強制的に再起動をすることで直せる場合があります。

一度、お試しいただいた後、「簡易アクセス」自体が邪魔だと思ったら、設定をオフに変更しておきましょう。

まとめ

画面の大きいモデルのiPhoneを使っている場合、片手で操作するのには便利ではあるのですが、iPhoneでゲームをしている時に画面が下がってくると焦ります。

使ってみて必要がなさそうであれば、また設定をオフにしておきましょう。

人気記事 Apple Payに登録するならどれ?おすすめのクレジットカードを紹介

人気記事 キャッシュレス還元で得する!4つのスマホ決済組み合わせ