Apple

iPhone/iPad「アプリの使用時間に制限」をかける方法

iOS12以降を搭載のiPhone/iPadには、スクリーンタイム機能が搭載されています。

スクリーンタイムとは、AppやWebサイトなどを利用した時間を追跡する機能で、この中には「App使用時間の制限」機能も搭載されています。

というわけで、この記事ではアプリの使いすぎ防止対策として「アプリの使用時間に制限をかける方法」について説明していきます。

「App使用時間の制限」をする

  1. “設定”から”スクリーンタイム”をタップ
  2. “App使用時間の制限”をタップ
  3. “制限を追加”をタップ
  4. 制限するAppを選択する
  5. 制限時間を設定する

画像も付けて、さらに詳しく説明していきます。

“設定”から”スクリーンタイム”をタップ

iPhone/iPadの設定画面からスクリーンタイムをタップして開きます。

設定からスクリーンタイムを開く

※ スクリーンタイムは、iOS12から搭載された機能です。

“App使用時間の制限”をタップ

スクリーンタイムからApp使用時間の制限をタップします。

App使用時間の制限を開く

“制限を追加”をタップ

制限を追加をタップして開きます。

制限を追加をタップする

制限するAppを選択する

使用時間を制限したいアプリを選択します。

使用時間を制限するアプリを選択する

ここでは、例としてすべてのゲームについて使用時間を制限しますが、アプリ毎に制限をかけることもできます。

制限時間を設定する

1分~23時間59分までの間で、制限時間を設定します。

制限時間を設定する

そのほか詳細な設定として、曜日ごとにアプリの使用制限をする時間を変えることも可能です。

曜日別に制限時間を設定する

設定を追加してからApp使用時間の制限画面に戻ると、先程追加した制限条件が追加されているかと思います。

使用制限の条件が追加されている

これで「App使用時間の制限」の設定完了です。

まとめ

自分用の端末にこの機能を設定することはあまりないかと思いますので、使い道としては、お子様用のAppleアカウントに設定して、ゲームのやりすぎや動画の見過ぎを防止するといった使い方になるかと思います。

アプリだけでなく、指定したWebサイトの使用時間も制限できますので、使いすぎ・見過ぎ防止対策としてお試しください。