Apple

iPhoneのパスコードを4桁と6桁のどちらかに変更する方法【iOS】

iOS9からパスコードを6桁に設定できるようになりました。
しかし、新規でiPhoneをアクティベーションしたりパスコードの設定を変更したりしなければ、そもそもパスコードを6桁にできたことに気づかず過ごしている場合も多いのではないでしょうか。

そんな僕も最近iPadを買い換えたことで、今更ながら6桁にできることに気づいた次第であります。
6桁になりセキュリティがほんの少しばかり強化されたことは良いことではありますが、6桁のパスコードを考えるのも入力するのもめんどうだと感じたので、慣れ親しんだ4桁のパスコードに戻して使用しています。

そんなわけで、iOS9以上搭載端末でパスコードを4桁と6桁のどちらかに変更する方法を紹介します。下記の説明画像はiPhoneで撮影したものですが、iPad等でも基本の操作は一緒となります。

パスコードを4桁と6桁で切り替えよう!

1. 「設定」→「Touch IDとパスコード」を選択

Touch IDとパスコード_1

2. 「パスコードを変更」を選択

※ 以前にパスコードを設定している場合はパスコードを入力する必要があります。

パスコードを変更

3. 「パスコードオプション」を選択

パスコードオプション

4. 「4桁の数字コード」または「6桁の数字コード」を選択

※ 旧パスコードが4桁の場合は「6桁の数字コード」が、旧パスコードが6桁の場合は「4桁の数字コード」が表示されます。

6桁の数字コード

5. 設定したいパスコードを入力して終了

なお、「カスタムの数字コード」では1~10桁の任意の数字を、「カスタムの英数字コード」ではアルファベットも含めた任意のパスコードを設定することができますのでお試し下さい。